スーパーデータシートa
厩舎指数 東西の各専門情報紙の予想・評論家等と厩舎の密接度をデータベース化し、それを元に、各専門情報紙の印を分析して算出した数値。基本的には、数値が高いほうが厩舎の意気込みが強いということになるのだが…。

今回も厩舎指数関連のお話。

GⅠなんだから、陣営が弱気では勝てるものも勝てない。

「思い通りの仕上げができた、今回は好勝負が期待できる!」

GⅠで勝ち負けするなら、これぐらいは言い切ってもらわないと…。

で、過去のマイルチャンピオンシップ(GⅠ)のおいて、
厩舎の意気込みが、どう結果に反映されているかを調査してみた。

「厩舎評価」
 厩舎指数を5段階評価したもの。
 評価の目安
 [↑ 超強気 ↗強気 →現状維持 ↘やや弱気 ↓弱気 ]
([AA 超強気 A強気 B現状維持 Cやや弱気 D弱気 ] で記載している場合もある)


GGA_マイルCS見出し

GGA_マイルCS集計結果

 結果はご覧のとおり。

 2007年から2012年の6年間、厩舎評価が「斜め上」か「真上」を向いている馬たちが、勝ち、あるいは連対していることがわかる。

GG_2011マイルCS結果

3連単27万円の高配当が飛び出した2011年は、斜め上を向いている人気薄馬が1着3着に入線

ちなみに、先週のエリザベス女王杯でも、2着のラキシスは斜め上を向いていた。

GG_エリ女結果

厩舎指数はこういう使い方もある。

エリ女_ラキシスエリ女_メイショウマンボ
↑競馬チェック!のデータ新聞より

つづく

TEXT 奥野憲一