(2014年03月27日 作成)

 さて、いよいよ春のG1シーズンが到来(ベタな入り・汗)。

 馬券参加者が増え売上が上がるのがG1。ビギナーやライトユーザが勝ちやすいのもGⅠ…。

 そう、ビギナーやライトユーザが勝ちやすい。なぜか…。それは下手に捻らず、過去走や当週の情報から、強い(勝つ)と思われている馬を素直に選び出しているからだ。

 G1の特性を理解すれば、ヘビーユーザでもビギナーのように簡単に儲けることができる(なんかオカシイけど)。
 むしろ、G1だからこそそういった狙い方をしなくてはならない。

 これぞGⅠの勝ち方!
 こちらのデータをみてもらいたい。
 2008年以降、G1におけるIDM1番手(◎)の馬の成績だ。

1.GGAの設定画面
GGA_G1におけるIDM◎

2.集計結果
GGA_G1におけるIDM◎成績


 勝率32.5%、単勝回収率96.5%。

 「あれ?単勝回収率100%切ってますけどぉ…。」

 と思われた人。あまい!

 1つのファクターを買い続けて、この勝率で回収率100%を超えることなどまず有り得ない。
 手前味噌だが、これは実はすごい成績なのだ。

 なぜか…。
 実際、皆さんは単勝よりも、連馬券を主に買うはずだ。上の結果は、連馬券に大きく影響を及ぼす。

 以下は、上の条件(IDM◎)を軸に、IDMに印がはいっている馬に単純流ししたたときの結果。

GGA_G1におけるIDM◎から印ありへ流した成績

  
 馬連のレース的中率が37%、回収率が101.5%。
 玄人でも難しいとされる馬単のレース的中率25%、回収率112%。


 という具合に、軸さえある程度数字を出せる条件設定であれば、連馬券でプラス回収を達成することができるというわけ。

 これはあくまでも均等買いした際の結果。
 効率よく買えば、もっと回収値を上げることだって可能だ。

---

 さらに!
 実はもっと儲かる条件設定がある。
 これは出現する確率は30%ちょっとになるが、出現したときは是非とも◎を売ってもらいたい。

 以下がその条件。

 GGA_G1におけるIDM◎厩舎◎

IDM1番手(◎)、かつ、厩舎指数が1番手(◎)の馬だ

 GGA_G1におけるIDM◎厩舎◎成績

 
 ご覧のとおり、
 勝率が約47%、単勝回収率が約125%
 と、一気に成績が良くなる。

 そして、これを軸として、上と同じように、IDMと厩舎指数上位馬(印が入っている馬)を相手に流した馬券の結果がこちら。
1.GGAの設定画面(この設定の仕方はやや乱暴・汗)
GGA_G1におけるIDM◎厩舎◎連設定
2.集計結果
GGA_G1におけるIDM◎厩舎◎連結果


 馬連の的中率が44%、単勝回収率が125%。
 馬単の的中率が35%、単勝回収率が146%。


 当然、件数は減るが、これだけの回収率を達成できているのであれば、文句のつけようがない。

 だから、GⅠだけの参戦で、JRDBの無料公開新聞を使ってる人は、我々のように、全レースを相手に戦っている人よりも儲けているということだ!(笑)。
 隣の席の普段馬券を買わない同僚に、JRDBの新聞を渡して買い目を作ってもらったほうが、間違いなく儲かる(良いのやら悪いのやら)。

 もちろん、それで満足できなくなるのがギャンブル。あとはどこまで効率よく的中しやすいレースを選択し、効率よく資金を投じることができるか、ここがなによりも重要…。そう簡単ではないが、「データをうまく使えば」、それほど難しくはない(はず)。

TEXT 奥野憲一