【京都11R スワンS】
◎2番サトノルパン
▲8番フィエロ、11番サトノアラジン、14番アルビアーノ
注12番サンライズメジャー

 非常に難しいレース。どの馬も状態を推し量りにくい。そもそも癖のあるコースで、展開一つではとんでもない紛れ方をする。
 こういうレースは、近走の実績よりも過去に重賞勝ちの実績があり、かつ、調子を上げてきている感がある馬が狙い。
 たとえば、サトノルパン。前走絞れたことでスカッと見せ、好走するときの雰囲気が戻っていた。まだ少し腹回りに余裕がみられたが、前走使ってさらに引き締まってくることだろう。この時期が一番走る。

 あとは上位人気馬たち。

 穴はサンライズメジャー。いつも軽視されるが、G2クラスならこの馬が一番安定している。

奥野憲一


そうだったのか_表紙
そうだったのか! 今までの見方が180度変わる知られざる競馬の仕組み
著者 橋浜保子
出版社 ガイドワークス

_V371070157_