【東京11R アルゼンチン共和国杯】
◎11番シュヴァルグラン
○5番アルバート
▲12番レコンダイト
注8番フェイムゲーム
△1番モンドインテロ

 アルバートはアドマイヤドン産駒。流行りのディープやキンカメとは全く質が異なり、それらが苦手とする状況を好む。府中の直線競馬はどちらかといえば苦手。それでも終いは安定しているので馬券圏内あるかないかぐらいのところにはいるだろう。

 フェイムゲームは宝塚記念時は腰が決まってなくヨタヨタしていた。この中間NF天栄にだしてどこまで状態を戻してこられたか。どちらにしても悪くなっていることはないはず。

 モンドインテロは割と反応が良いタイプで、反応が良すぎて溜が利かないのがネック。府中よりも中山向きだろう。
 
 シュヴァルグランは脚長で窮屈なところがある。よって阪神内回りの中距離戦はピッタリ条件ではない。今回は初の輸送競馬と左回りがどうか、というだけで、条件は悪くない。

 レコンダイトは昨年の同レースでは惨敗を喫しているものの、条件的には一番合っていると思う。前走は良くできていたが、難しい府中の2000mでやや力のいるマイル質の競馬になってしまってはどうしようもない。


【京都11R みやこS】
◎9番アポロケンタッキー
○11番アスカノロマン
▲3番モンドクラッセ
注16番タムロミラクル
△14番マイネルクロップ
△4番カゼノコ

 アスカノロマンがどうかというところで、斤量の58kgがどうこうよりも、中身がしっかりつ作られているのかが重要で、そこ点に関しては問題がないとみている。距離は1600mがベストとみるが、今回の斤量差がある状況では1800mのほうが競馬はやすいだろう。しかし、総合的に評価すると、他馬に付け入るスキがあるというのも事実。
 アポロケンタッキーあたりは前走は歯がゆい競馬で力を出し切れなかった。余力がありそう。馬体構造上は適距離。展開も向くはず。

 モンドクラッセはもうアスカノロマンに潰される形になるかならないかだけ。鞍上が鞍上だけに、強引な競馬で押し切ろうとすると直線で失速するだろう。

 ロワジャルダンは成長なし。上昇中のタムロミラクルをとったほうが利益はでそう。
 キョウエイギアも前走は馬っぷりからしてパッとしなかった。そもそも今年の3歳ダート組はみなそんな感じで頼りない。
 ラニもこのコースではないだろう。


奥野憲一