【京都11R エリザベス女王杯】
◎3番クイーンズリング
○2番マリアライト
▲4番ヒルノマテーラ
注5番メイショウマンボ
☆7番マキシマムドパリ
△1番ミッキークイーン

 実績を考えればマリアライトにミッキークイーン、ということになる。馬柱の過去走をみれば誰でもわかること。
 マリアライトは牡馬古馬相手にG1勝利。小さいディープ産駒だが胴が厚いスタミナ型。タフな状況でこそ真価を発揮するタイプ。前走のオールカマーは、斤量背負いで上がりの競馬になってしまった。パターンは昨年と全く同じ。問題ないだろう。しかし切れる脚がないというのも事実。スローの上がり勝負になったとき、内に押し込まれて出られなくなれば馬券圏内すら危うくなる。
 ミッキークイーンはマイラーディープで、2200mなら対応可能といった風貌。球節の捻挫で京都大賞典を回避してぶっつけ本番となる。そこがどうしても気になる。

 本命はクイーンズリング。昨年との違いといえば、体の芯がしっかり強くなったこともあるのだろうけど、一番の変化はなんと言っても気性の成長だろう。3歳時もそうだった。のんびりしているときは好走するが、カリカリし出すと絶対に走らない。3歳秋になって精神面がだいぶ成長し常に力を出せるようになっている。
 極端に速い馬場にならなければ、上がり勝負にも対応できる。というよい、そうなった。前走で、きっちり折り合って先行し、最後まで脚が鈍らなかったことがそれを証明している。

 マキシマムドパリは弱くはないんだけど…。相手なりにしか走れないのだろう。G1で勝ち負けできるほどの力はないとはおもうが3着争いに加われるだけの力はあるとみている。

 ヒルノマテーラは前走がまさかの大外一気の差し切り勝ち。いろんなパターンで競馬ができるのが強みだが、最近は溜めたほうが切れるし、長く良い脚を使えるという意味では、京都のこのコースは特にあっているのだろう。

 メイショウマンボは本気で走ってない分体は常にフレッシュ。今回リングハミに替えてくるのか?追い切りでリングハミを装着していたということはそういうことだろう。この中間は坂路調教も多めに取り入れている。本気を出してほしいという陣営の願いが随所にみられる。

 タッチングスピーチは3歳秋に頑張りすぎたことと、今年の京都記念での好走によって、いろんなところに不具合がでてしまったようだ。

 シュンドルボンもあまり成長感がなくて昨年の今頃が一番良かった。当日変わってきているようなら。

奥野憲一