【京都11R マイルCS】
◎8番イスラボニータ
○10番マジックタイム
▲1番ディサイファ
注5番ヤングマンパワー
☆14番クラレント
△16番ミッキーアイル
▽2番サトノアラジン
 
 逃げるであろうミッキーアイルが3、4番人気。今回は浜中俊騎手に手が戻り、どういった競馬をしてくるか…。
 
 純粋なマイルの流れになればイスラボニータが安定した走りをみせる。2年間勝てていないのは誰のせい?前走はラッキーな乗替で好走。展開や斤量の差があってヤングマンパワーを捉えることができなかったのは残念だが、2年ぶりの連対を果たした。引き続きC.ルメール騎手が手綱を取る。今回は2年ぶりの勝利を見てみたい。

 マジックタイムは長めの距離を走らされた前走は太目残りだったにもかかわらず、しっかりと駆け抜けて2着を確保。相変わらず追い切りは良く見せない。それでもレースにいったら走りっぷりが一変し、しっかりと手前を替えて、速い回転で掻き掻き伸びてくる。どの位置からでも競馬ができるのも強み。

 サトノアラジンは今期1400mのG2を2勝。勢いづいて、世間もこの馬が1着になる確率が最も高いと評価している。しかしマイル重賞が勝てない。誤魔化しがきかない1600m戦では、質的に一枚落ちることを表している。今年はモーリスが不在。とはいえ、1600~2000mの重賞で連対してきた馬が多数参戦してきた。ここに入るとどうしても見劣る。

 ロードクエストが好走するには展開の助けが必要になる。前走はドスローの上がり勝負になったので度外視していいものの、ああいう競馬になっては手も足も出ないことも事実。さすがにマイルCSはある程度流れるだろうから、前走のような結果にはならないとは思うが、どちらにせよ相手より後に動かざるをえない立場では勝ち切るのは難しい。

 見直したいのがディサイファ。個人的にこの馬は四位騎手のほうが手が合っているとおもっている。キレないが長く良い脚を使うタイプ。直線よーいどんの競馬では出番なしでも、ミドルペースでじわじわ番手を上げていくことができれば粘りこんでの2、3着は十分あり得る。枠も言うことなし。

 クラレントはここ2戦は適性外のレースに参戦して負けているが、デキ自体落ちた感じがしない。今週は僚馬レッドアリオンとの併馬。時計がかかる遅い時間帯に馬場入りし、馬ナリに近い内容。それでも全体が52秒、ラスト13.2秒にまとめている。追えばもっと時計がでたはずだ。手替わりも魅力。

 ヤングマンパワーはまさかここまで強くなるとは想像もしていなかった。マイル戦3連勝中。走行時のアタマが高くてシャドーロールを装着してもまだ高い。さらに舌を縛って結果が安定。もう一段ノビシロを残している感じもする。もちろん不安もある。「気難しい馬への初騎乗」。手が合い当日落ち着いているようなら。

(奥野憲一)