a


スポーツ報知主催
馬トクPOGグランプリ
エントリーの受付を開始しました!

ご登録はこちらから
https://devumatoku.hochi.co.jp/

ーーーーーーーーーーーーーー

【東京11R オークス予想(GⅠ)】
◎3番フローレスマジック
○2番ソウルスターリング
▲14番リスグラシュー
注16番アドマイヤミヤビ
☆7番ディアドラ
△10番ブラックスビーチ
▽13番レーヌミノル

 まだ一度もパーフェクトといえる競馬ができていないフローレスマジック。まだまだ成長の余地がある。特にフィジカルにおいて。相対的にみて、レーヌミノルを100とするとフローレスマジックは70ぐらい。そんなイメージ。
 今回も短ローテにも拘わらず中間はノーザンファーム天栄に出して調整。もう一段良化させてきたと想像される。
 前走はゴール前ではモズカッチャンを交わせず、後ろからヤマカツグレースに差されて3着。良い内容とは言えない。が、当日のあのデキで、不利な枠から掛かり気味に先行させて、かつ、直線は伸びにくい場所を走らせてのこの結果だから、むしろ高く評価したい。
 距離延長はプラス。この枠順も言うことなし。鞍上もこれで3走目の戸崎騎手。狙った騎乗をしてくると期待している。
 
 対抗はソウルスターリング。絶好の枠を引き当てた。C.ルメール騎手にとっては、前走週のアドマイヤリードのイメージがあるから非常に乗りやすくなるだろう。
 同馬の長所はなんといっても立ち回りの上手さ。枠順・展開不問。どこにいても楽に同じような競馬ができる。前走はデリケートなところがでたのか、初めての馬場状態に戸惑ったような走りをしていた。道悪適性が低いという事はないとおもう。持ち前の瞬発力を引き出せずに戸惑ったところはあっただろう。
 距離延長は歓迎される。乗り込み量も十分。ここはメイチで獲りに来たと判断して良さそう。

 リスグラシューにとって距離延長は大きな加点要素ではないが1600mよりは良い。前走で入れ込んでいたのが少々気になる。外厩に出さずにトレセンで調整されたことが多少影響したかもしれない。今回は中間はノーザンファームしがらきに出された。その効果で、穏やかさを取り戻し、体もいくぶんかふっくらさせてくることだろう。
 
 桜花賞で期待されて凡走したアドマイヤミヤビの評価をどうするか。枠は良いとは言えない。馬っぷり、運動神経の良さでは一二を争うぐらい素晴らしいものを持っている。距離も問題なし。この枠からどういった競馬をしてくるのか。大外をぶん回す競馬だけは避けてほしい。

 時計が速い、時計勝負に必要な勝ち気な気性をもったブラックスビーチ、ディアドラらも押さえておきたい。

 レーヌミノルはマイラー色が濃い。しかも時計勝負になると脆い。


奥野憲一