【オークスの予想】
◎10.ハープスター
○11.マーブルカテドラル
注9.ヌーヴォレコルト
☆7.シャイニーガール
△8.サングレアル
△13.ニシノアカツキ
△15.マジックタイム

ハープスター
言うまでもなく能力は世代トップクラス。毎度のこと、このようなタイプは血統的な距離適性を問われるが、そういうレベルの馬ではない。レッドリヴェールが出走していたらまた状況はちがっていたかもしれないが、レッドが不在なら、労することなくあっさり勝ちきってくれるはず。

マーブルカテドラル
決して2400mがあっているわけではないが、それはどの馬も同じこと。ようやく本来のデキに戻りつつある。走りは硬さがなくしなやか。多少距離の融通がきく。

ヌーヴォレコルト
安定感ではこの馬が一番。ハープにはかなわないが、競馬に力強さがでてきて、折り合い面にも不安がない。距離が延びても全く問題なし。

シャイニーガール
状態はさらにアップ。前走は初の1800mでしっかりと折り合い、ラストもぐっと伸びた。距離が延びて安定するタイプなのだろう。体もぐっと引きしまりさらに素軽さがましてくるはず。

ニシノアカツキ
やっとまともな状態になってきた。距離は延びたほうが良いタイプ。ストライドが大きいため加速力はないが、スピードに乗ればその速度を長く維持できる。

サングレアル
距離適性をいえば、この馬が最も高いかもしれない。前走は乱暴とも言える競馬で難なく勝ちきり。坂上での加速力は群を抜いていた。距離が延びればもっとこの馬の長所を発揮できる。

TEXT 奥野