【中山11R フラワーカップ(GⅢ)】
◎9番トーセンブレス
○4番ロックディスタウン
▲3番ノームコア
注10番カンタービレ
☆5番ノーブルカリナン

 トーセンブレスは気難しいところはありそうだが、さすがは良質のディープ産駒で、非常に良いつくりをしている。
 
 ロックディスタウンはもっと難しい馬。前走はルメール騎手が相当気を使って上手くコントロールできていたが、直線で伸びなかったのは、スタート後に少し力んだことと、不利な大外枠が影響したのかもしれない。体型的には1600Mは少し短い感じがする。2000Mぐらいが合っていそう。今回の距離延長はプラス。
 
 ノームコアは久々でも仕上げに難しそうなタイプではなさそう。キレ粘れるタイプなので、スローの中山はあっているはず。
 
 カンタービレは角居厩舎仕立てで、体躯の割には肉付きが良く、非常にパワフルに映る。競馬はまだ進展の余地を残しているが、脚力が凄いので、折り合いがつくようになれば、オープンでも十分戦える。
 
 ノーブルカリナンはまだよくわからないが、血統は良く、しっかりと動けているという意味では今回も注目すべき馬。ただし、距離が延びて良いタイプではない。

TEXT 奥野憲一