土曜のメインレース「福島牝馬ステークス」は、◎のトーセンビクトリーが4着に沈んだものの、概ね、傾向通りに結果となったのではないでしょうか。

【記事】過去の検証が可能に!  バケモンで福島牝馬Sを検証しよう!

 さて、日曜は、マイラーズCとフローラSの2重賞が組まれています。

 どちらも皐月賞や福島牝馬Sと同様の手段で、印を構成してみました。

【マイラーズC】
マイラーズC2017_バケモンデータ


 このレースは割とシンプルです。
 このようなタイプの重賞は、休み明けで4歳初戦など、能力に反してIDMが低く出る場合がるので、IDMよりも人気指数を持ち出した方がいいのでしょう。
 あとは騎手連対率と、テン指数。
 ペース指数よりも、テン指数のほうが重要のようです。スロー傾向を加味しているのでしょう。
 持ち出す指数はこれだけです。

 これを今年の出走メンバーに落とし込んでみましょう。
マイラーズC2018_バケモンデータ

◎4番エアスピネル
○5番サングレーザー
▲8番ロジクライ
注9番モズアスコット
△1番ヤングマンパワー
▽14番グァンチャーレ
☆7番ダッシングブレイズ

こんな感じ。
ロジクライ、4~6番人気かと思ってたら、3番人気になってしまいそうな勢いです。あまり妙味がなさそうですが、エアスピネルが万が一4着に敗れてしまったときは、配当が一気にはねますので、そのような目も少しは買っておいた方がいいでしょう。

【フローラS】
フローラS2017_バケモンデータ


 予想の仕方はマイラーズCと同じです。
 昨年は、12番人気のモズカッチャンが勝利し、10番人気のヤマカツグレースが2着で、大波乱。
 3着が2番人気のフローレスマジックでした。
 そもそも、このレースは、最低1頭は二桁人気馬が馬券に絡んでくる難解なレース。能力以外のデータを隅々まで舐める必要があります。
 
 昨年のこのレースは、位置指数がキーとなっていました。それにIDMと追切指数が隠し味になっていた感じ。

 それを今年に落とし込んだらこんな予想になりました。

フローラS2018_バケモンデータ

◎4番サトノワルキューレ
○12番レッドベルローズ
▲16番ノームコア
注2番オスカールビー
△5番ノーブルカリナン
▽11番カーサデルシエロ
☆1番サラキア
極軸10番オハナ

上位は人気どころですが、注、△、▽は、二桁人気に掛かりそうなので、非常に理想的です。
ちなみに、基準1番人気のサトノワルキューレの、1番人気信頼度はAAで、妙味度がSとなっています。
オハナは唯一の極軸なので、3着候補に加えましょう。