競馬ビッグデータ
KEIBA Big Data


KEIBA Big Data 当ブログは、レース直前1番人気診断を始め、数種の競馬新聞、独自に開発した膨大な量の競馬データを駆使し、馬券年金システムや投資型馬券投票システム(馬券ファンド)を構築すしていくサイトです。

今週の重賞は、「青葉賞(GⅡ)」と「天皇賞・春(GⅠ)」の2レース。

 今日の青葉賞は、残念な結果…。

【記事】過去の検証が可能に!  バケモンで青葉賞を検証しよう!

バケモンデータ_青葉賞2018

 このような感じで、ペース指数と上がり指数を重視した形で、データをピックアップしたのですが、結果的には、上がり指数重視出よかったみたいです。

バケモンデータ_青葉賞_結果から2018

 「ペース指数」ではなく、「上がり指数」を選択していれば、ちゃんと3連複万馬券を的中させることができていたわけです。
 残念…。

 でも、たしかに、土曜のほかの芝レースをみてみると、上がり指数が高い馬ばかりが馬券に絡んでましたね。

■9R秩父特別
バケモンデータ_秩父特別_結果から2018

■7R
バケモンデータ_東京7R_結果から2018


これらは、概ね人気どころでの決着でした。
しかしこの5Rは、2着にきたプレイズランがなんと18番人気の人気薄。この馬に上がり指数☆が入ってました。人気が人気なので、これに総合指数を加えてしまうと、印は外れてしまいますが、傾向を探る意味では、このへんは押さえておかないといけませんね。
■5R
バケモンデータ_東京5R_結果から2018


 というわけで、明日の東京芝は、上がり指数重視で予想を組み立てたいと思います。

ーーー

 では、ここから天皇賞(春)の予想。

 手法は、これまでと同じです。

【記事】過去の検証が可能に!  バケモンで福島牝馬Sを検証しよう!
【記事】過去の検証が可能に!  馬券モンスターでマイラーズCとフローラSを検証しよう!

 本来は、東京競馬の結果をみていったように、今日の京都の芝傾向も踏まえて予想した方がいいですが、土曜京都には、あまり参考になるレースがなかった(汗)
 参考にしやすい烏丸S(芝2400M)は、上位人気で、レースの鍵を握ると思われていたケンホファヴァルトがスタートで落馬。その一つまえの7R(芝2000M)では、おかしな展開になり、勝ち馬の上がりが37秒7もかかる始末。
 この開催の京都の馬場傾向と展開は本当に読めないです。

―――

 昨年の天皇賞(春)は、人気馬の決着。当時の最強馬キタサンブラックがいて、マックスの状態に仕上げてきたシュヴァルグランがいて、前年のグランプリホース、サトノダイヤモンドがいて…。結果、この3頭で決まり、3連単は3,780円の低配当。
レース結果_天皇賞春2017


この3頭に関しては力が抜けていたということで、少し置いておきましょう。
注目したいのは、4着に好走したアドマイヤデウスです。

バケモンデータ_天皇賞春2017

アドマイヤデウスのデータには、ペース指数に印が回っていました。
さらには騎手関連のデータにも印が回っていました。たしかに、長距離戦は騎手の力が重要だと言われています。
そして、追切指数。外厩からの直行が少ない今回は特に、良い追い切りをした馬、すなわち、追切指数が高い馬に注目すべきといえるでしょう。

 では、今年の天皇賞(春)の馬券モンスターデータから、上のデータをポチってみましょう。
 こんな感じになりました。
バケモンデータ_天皇賞春2018

 ◎ヤマカツライデン(汗)

 ○カレンミロティック(大汗)

 ▲ガンコ(涙)

 シュヴァルグランにもレインボーラインにも印が回らない…。

 おまけに、ヤマカツライデンもガンコも、「極軸」に該当。そんな馬鹿な(笑)

 果たしてどうなることやら…。
 とにかく、楽しみましょう!

以上。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット