【中山11R 中山金杯】
◎12番タイムフライヤー
○3番コズミックフォース
▲15番ステイフーリッシュ
注8番マウントゴールド
☆2番アドマイヤリード
△6番エアアンセム
▽9番ストロングタイタン

 タイムフライヤーとコズミックフォースは、血統も厩舎も育成も違うが、同じタイプで、ベストは時計が速くない2000m。どちらも良いころの状態に戻ってきており、条件次第ではもっとやれる。
 今回はともに56KとGⅠで馬券に絡んでいる馬としては楽な設定。
 
 ステイフーリッシュは微妙な設定で、55Kなら楽に勝ち切れるだろうなぁといった感じ。気性が成長してくれば、56Kでも勝負になる。今回も藤岡祐騎手だから、うまくコントロールして力を引き出してくれるとみているが…。
 
 エアアンセムは重賞勝ちがあるせいで57Kを背負わされる。このメンツで57Kは楽ではない。
 
 アドマイヤリードは小回りの小足を必要とする状況になると本当に強い。今回もスローの上がり勝負になれば。
 
 マウントゴールドの56Kも妥当な設定。常に好位をとれるので安心してみていられる。なので、この馬にとっての不安は位置を取れないこと。逆に言うとそれさえクリアできれば、56Kでも勝負になる。
 
 ストロングタイタンの前走の好走は完全に馬場状態によるもの。騎手も動かせるアヴドゥラ騎手だったのも良かった。今回は前回のようにはいかないだろう。ただ、重い馬を動かせる大野騎手だから、少しだけ気にしておきたい。
 


【京都11R 京都金杯】
◎5番アドマイヤアルバ
○17番ロードクエスト
▲12番パクスアメリカーナ
注10番リライアブルエース
☆2番サラキア
△3番カツジ
△4番グァンチャーレ
△15番マイスタイル

 アドマイヤアルバはスタイルがマイラー。かつ、左回りよりも右回りのほうが脚捌きに力強さがある。ハンデ54Kはこの馬の実力からすれば軽すぎる。
 
 グァンチャーレは、何度も予想で取り上げてきた。オープン特別なら1600mでも勝ち切れるが、重賞になると1800mや内回り1400mのように特殊条件のほうがよいタイプ。56.5Kというのもやや難しい。
 
 パクスアメリカーナは前走はまだ7割のデキ。それでも55Kなら、オープン勝ちある古馬すら相手にしない。もっと成長する。
 
 サラキアは、全体の質が落ちる牝馬限定戦だから2000mでも好走できた。本質は1400mの馬で、1600mは少々長い。ここは乗り方次第で持たせられる。
 
 カツジの前走の4着は嵌った感がある。嵌った時は好走できるし嵌らなければ何にもならない。溜まれば切れる。早く動けばまったく伸びない。分かりやすいタイプ。京都金杯は毎年、内の先行馬が有利なので、今回は苦戦する可能性は高い。
 
 リライアブルエースはハンデに頼らないと好走できないという点では、時計勝負にならないほうが優位であるといえる。近年の金杯は、G1レベルでない限り、1分32秒台決着にはならない。そういう観点でいくと、今回は状況が向く。
 
 ロードクエストは、スワンSを勝利したことでさらに格を積み上げた。それでも今回のハンデは57K。前走は枠順から終わっていた感じがあり、目いっぱい追われていない。余力ある状態でこのハンデなら十分戦えるはず。
 
 マイスタイルはまだ仕上がってないし、2000mはそもそも長い。テンの速さと持続力をいかせるマイルのほうが競馬がしやすいように思う。


TEXT 奥野憲一