競馬ビッグデータ

KEIBA Big Data 当ブログは、レース直前1番人気診断を始め、数種の競馬新聞、独自に開発した膨大な量の競馬データを駆使し、馬券年金システムや投資型馬券投票システム(馬券ファンド)を構築すしていくサイトです。

予想コラム

ジョッキーズ・ワークロード(2019年11月16日)

ジョッキーズ・ワークロード =騎手の仕事量(ここでは半年間)
騎手の実績に対して、どれぐらい回収に貢献してくれているのかを判定する指標。
×単勝回収率が高い=仕事量が高い←間違い
◯単勝回収率が100%を越えておらず85%であったとして、馬券に絡んでいる率がトップクラスであれば、「仕事量が高い」と判定される。
◯単勝回収率が200%ぐらいあったとしても、馬券に絡む率が低位だと仕事量は高いとは言えない。
妙味ポイントとも言う。

【仕事量の評価】 ★★★非常に優れている  ★★けっこう優れている   ★優れている   ☆悪くない
騎手名見習い総数ポイント1鞍当たりのポイント勝率連対率3着内率単勝回収率複勝回収率仕事量評価
戸崎圭太 43515643.61430.643.454.180.8120
三浦皇成 45614133.112.123.934.655.776.7104 
田辺裕信 2749853.616.429.941.6111.8115.3195★★
内田博幸 3999922.57.316.324.151.471.982 
藤田菜七子3488462.48.315.821.657.265.383 
丸山元気 3298722.78.218.227.4138.190.8151
吉田隼人 2827502.79.616.725.965.792.398 
石橋脩 2637042.79.91626.682.466110 
菅原明良3437722.3713.418.7104.895.7106 
大野拓弥 3739042.46.212.323.141.166.474 
横山武史3648502.3613.521.47052.387 
武藤雅3467592.25.812.717.950.259.474 
横山典弘 1965472.89.716.82686.166.3118 
津村明秀 3427632.24.714.319.955.364.577 
木幡巧也 33968824.410.617.762.395.875 
丹内祐次 3457512.24.312.519.455.674.777 
石川裕紀人 2024242.16.99.416.356.177.375 
木幡育也2484471.85.27.311.796.77781 
野中悠太郎3997401.939.314.367.785.675 
田中勝春 1683872.37.113.720.884.988.395 
勝浦正樹 2034522.25.410.819.7126.7128.2111 
北村宏司 1814612.56.116.626.554.375.584 
横山和生 16532326.79.114.5168.882118 
松岡正海 3065621.83.38.813.738.447.463 
吉田豊 2414671.94.18.712.931.242.961 
柴山雄一 18637825.49.715.135.148.364 
菊沢一樹2444381.84.18.212.753.37167 
丸田恭介 1152682.37.81320.984.687.795 
西田雄一郎 992122.18.110.118.2199.6118138
江田照男 2434161.73.34.911.165.660.969 
柴田大知 3426131.826.1149.378.853 
武士沢友治 1783041.73.47.310.198.963.679 
柴田善臣 13827524.310.116.7128.280.1101 
蛯名正義 621542.59.714.52150.857.382 
嘉藤貴行 1152151.94.39.613.948.950.568 
杉原誠人 951501.64.26.37.439.662.460 
宮崎北斗 1111911.73.67.212.667.474.670 
山田敬士2183121.41.84.68.327.650.456 
木幡初也 1021661.62.96.98.850.23263 
岩部純二 791311.73.85.17.643.832.963 
嶋田純次 841611.93.68.3194490.266 
黛弘人 1572621.71.95.710.833.247.860 
五十嵐雄祐 451132.56.717.822.222.239.364 
石神深一 501162.36142034.445.668 
山本康志 32852.76.218.831.225.3111.669 
的場勇人 31662.16.59.722.622.9158.460 
蓑島靖典 25542.281620102.848100 
金子光希 28702.57.114.321.4160.7114.6151
江田勇亮 22542.59.118.227.317.756.461 
原田和真 61891.53.34.98.252.64962 
大塚海渡1011531.5256.955.856.463 
井上敏樹 26501.97.77.711.5221.253.5130
小野寺祐太 28642.37.17.114.350.719.677 
伊藤工真 47841.82.18.512.811.577.454 
大江原圭 37942.52.713.532.48.913356 
草野太郎 39701.82.65.115.44.673.152 
伴啓太 56811.41.83.65.42317.355
騎手名見習い総数ポイント1鞍当たりのポイント勝率連対率3着内率単勝回収率複勝回収率仕事量評価
C.ルメール 3191594529.248.659.273.883235★★★
川田将雅 30014014.725.742.75784.986.6238★★★
福永祐一 35913613.81732.343.263.381.5142
武豊 30510913.61730.239.384.574.3160
松山弘平 4341292310.621.231.1101.990.5142
北村友一 31110013.213.222.836.38189.9133
M.デムーロ 2949853.413.625.541.24474.1101 
和田竜二 45712622.88.518.42865.673.6102 
池添謙一 2818252.912.122.130.672.674.7111 
松若風馬 3348402.59.617.122.5107.879.4117 
幸英明 3909582.57.714.423.1126.463.9129
藤岡佑介 2577572.911.723.33066.264.1106 
西村淳也3218152.58.717.124.9116.9100.3123
岩田康誠 38410212.76.818.527.950.16887 
斎藤新3658522.36.813.720.849.76476 
岩田望来3277592.37.312.220.553.789.879 
藤岡康太 3568822.56.216.92531.675.170 
浜中俊 2767622.8817.429.39775.4126
団野大成2916662.36.213.72274.691.290 
菱田裕二 2144732.27.510.316.4109.764.3103 
坂井瑠星2095092.47.215.323.9103.4104.9110 
古川吉洋 2164842.26.914.419.952.684.876 
秋山真一郎 1784432.56.216.326.454.883.884 
川須栄彦 1833862.1612.615.3106.865.697 
鮫島克駿 1593372.15.711.317.698.78094 
松田大作 1062672.58.515.120.8123.774.2127
亀田温心2454061.73.35.79.87053.870 
平沢健治 311314.225.838.745.287.473.5204★★★
国分優作 1943651.94.17.715.557.769.171 
酒井学 2604541.73.17.710.874.374.372 
森一馬 481342.814.620.822.9206.769.8212★★★
藤井勘一郎 2123891.83.3813.730.57560 
熊沢重文 451222.713.317.828.9156.484.7164★★
田中健 871932.26.916.119.590.167.594 
中井裕二 1202422511.718.39389.887 
川又賢治2003761.938.5162963.761 
加藤祥太 982202.26.113.321.428.47664 
川島信二 982162.26.113.316.3154.185.4125
荻野極 1763291.92.88.514.855.667.670 
白浜雄造 291013.517.23134.538.343.897 
小崎綾也 1282251.83.97.811.728.74559 
国分恭介 1803431.92.87.216.141.970.865 
高田潤 321023.215.628.134.455.9170.6107 
鮫島良太 1011982511.916.847.4111.769 
富田暁811541.94.97.411.1241.649.4137
北沢伸也 361123.111.116.727.849.265.697 
難波剛健 20673.420203510465170★★
太宰啓介 1733031.82.37.510.47861.875 
中谷雄太 12625223.28.717.565.174.976 
岩崎翼 951771.94.29.513.7119.684.793 
三津谷隼人791401.83.812.712.7292.588.9145
四位洋文 451172.66.715.631.1120.4115.6131
荻野琢真 5310725.711.315.1233.285.7143
高倉稜 1152031.82.66.111.34746.665 
森裕太朗1161931.72.65.210.338.884.461 
藤懸貴志 1362081.52.25.98.188.846.170 
黒岩悠 18563.111.133.338.9412.8206.7447★★★
長岡禎仁 54961.83.77.49.3251.156.1131
小牧太 1682581.51.24.28.319.858.855 
城戸義政 691101.62.92.98.753.946.264 
植野貴也 23522.34.31321.735.762.269 
岡田祥嗣 621171.91.68.117.74.7167.652 
畑端省吾 21341.64.84.84.8295.756.7126
中村将之 16462.96.218.837.548.863.891 
水口優也 851381.61.24.79.44.166.751 
小坂忠士 34591.72.98.811.898.557.479 
佐久間寛志 27642.43.711.133.38.59355 
西谷誠 27672.53.718.529.65.64354
騎手名見習い総数ポイント1鞍当たりのポイント勝率連対率3着内率単勝回収率複勝回収率仕事量評価
D.レーン 803744.73038.852.5113.879.8301★★★
C.スミヨン 351714.928.642.962.9137.7121.4381★★★
A.シュタル 551843.316.429.132.769.361.8126
O.マーフィ 22612.89.118.222.725.936.470

ジョッキーズ・ワークロード(2019年10月5日)

ジョッキーズ・ワークロード =騎手の仕事量(ここでは半年間)
騎手の実績に対して、どれぐらい回収に貢献してくれているのかを判定する指標。
×単勝回収率が高い=仕事量が高い←間違い
◯単勝回収率が100%を越えておらず85%であったとして、馬券に絡んでいる率がトップクラスであれば、「仕事量が高い」と判定される。
◯単勝回収率が200%ぐらいあったとしても、馬券に絡む率が低位だと仕事量は高いとは言えない。
妙味ポイントとも言う。

【仕事量の評価】 ★★★非常に優れている  ★★けっこう優れている   ★優れている   ☆悪くない
騎手名総数1鞍当たりのポイント勝率連対率3着内率単勝回収率複勝回収率仕事量評価
戸崎圭太4573.614.728.24266.481.4136★★
三浦皇成4403.112.323.634.360.877.3109 
田辺裕信2883.717.730.942110.6103.6202★★★
内田博幸4132.6819.426.465.773.495 
丸山元気3142.89.619.427.7158.991.6175★★
吉田隼人2732.710.617.224.277.090.4106
大野拓弥3862.4711.420.750.856.779 
石橋脩2492.71018.126.591.463.5117
武藤雅3552.2711.516.357.954.978 
横山武史3532.47.11522.982.173.297 
藤田菜七子3482.26.313.518.146.357.473 
菅原明良3062.15.912.117.372.087.882 
丹内祐次3392.35.313.922.461.886.683 
津村明秀3342.35.115.622.846.770.075 
木幡巧也35024.611.117.177.581.981 
横山典弘1822.77.718.726.957.971.592 
石川裕紀人20826.710.114.456.770.773 
松岡正海3131.94.28.314.447.349.067 
柴山雄一1912.16.31216.844.848.670 
木幡育也2251.85.3812.494.787.681 
勝浦正樹2072.25.81319.3128.1122.9112
野中悠太郎4091.82.7913.970.589.473 
柴田大知330238.816.718.565.558 
丸田恭介1282.2714.120.377.092.387 
江田照男2631.63.44.98.758.933.665 
吉田豊2271.945.711.940.151.265 
菊沢一樹2491.73.281053.960.666 
横山和生1621.94.99.315.4128.393.596 
柴田善臣1362.15.911.817.651.361.173 
田中勝春1622.24.313.62159.3107.979 
西田雄一郎10126.98.916.8192.9157.7127★★
武士沢友治1771.73.47.310.797.844.478 
蛯名正義732.36.812.320.523.346.062 
山田敬士2281.41.84.46.615.241.153 
嘉藤貴行1311.83.19.21339.380.063 
宮崎北斗1201.73.37.512.550.874.065 
北村宏司942.44.31624.527.071.966 
五十嵐雄祐362.811.122.22542.539.783 
石神深一532.67.51724.534.551.173 
木幡初也951.73.28.412.653.953.966 
杉原誠人1031.62.95.89.721.067.955 
小野寺祐太322.69.49.418.860.628.191 
井上敏樹271.97.47.411.1213.051.5127★★
嶋田純次761.82.66.619.742.987.264 
原田和真681.42.94.45.947.246.859 
江田勇亮202.410202568.553.090 
蓑島靖典312.26.512.919.482.985.890 
伊藤工真551.93.67.316.428.0109.660 
大塚海渡1061.50.95.79.49.250.952 
草野太郎411.62.42.49.86.346.152 
黛弘人1681.60.63.610.13.844.151 
山本康志202.45153027.5147.066 
菅原隆一571.31.81.85.33.724.251 
的場勇人361.82.88.319.411.4148.354 
浜野谷憲尚92.311.122.222.2207.851.1160★★
岩部純二791.31.32.55.117.226.753 
伴啓太621.41.61.64.820.825.854 
金子光希301.9010200.088.050 
小島太一43025500.0107.550 
大庭和弥231.404.38.70.041.750 
高野和馬130.80000.00.050 
大江原圭382.1010.526.30.0121.150 
村田一誠211.2004.80.0256.250 
上野翔421.202.42.40.08.150 
小林凌大1231.403.38.90.092.150 
西村太一140.90000.00.050 
騎手名総数1鞍当たりのポイント勝率連対率3着内率単勝回収率複勝回収率仕事量評価
C.ルメール3094.826.946.958.370.384.6212★★★
川田将雅2784.827.344.657.292.889.9264★★★
福永祐一3583.716.531.342.263.280.3137★★
武豊3043.516.829.938.881.674.5150★★
松山弘平428311.22130.1115.988.9154★★
M.デムーロ2923.414.42640.845.672.7103 
和田竜二4632.78.219.728.157.873.692 
北村友一320310.320.936.260.288.4104 
松若風馬3352.59.616.121.5104.471.9115
岩田康誠4112.77.318.228.757.265.692 
藤岡佑介2662.911.320.730.189.668.4125
幸英明3922.57.715.624101.067.6113
池添謙一2682.910.821.330.266.874.3106 
西村淳也3432.58.21625.1101.687.0114
浜中俊2682.992231.3114.785.7147★★
斎藤新3512.26.81217.154.154.276 
藤岡康太3542.66.817.226.348.577.683 
岩田望来2902.37.61119.787.485.196 
菱田裕二2172.37.812.418.9116.870.2112
古川吉洋2242.37.615.621.459.679.382 
団野大成2432.15.811.517.781.5117.086 
鮫島克駿1992.36.511.620.6141.997.6125
秋山真一郎1802.56.7152559.373.087 
川又賢治2222.2511.320.741.078.370 
坂井瑠星2292.34.414.42429.3132.666 
荻野極1991.94.510.115.1123.178.295 
国分優作1901.84.27.414.781.965.577 
亀田温心2471.73.25.710.1110.075.682 
森一馬48316.722.927.1132.552.3169★★
田中健832.59.621.724.1115.891.1122
中谷雄太1432.14.99.119.658.873.676 
中井裕二11925.911.817.6131.482.8103 
酒井学2871.72.4711.151.975.665 
松田大作1012.46.914.920.8104.873.3110
鮫島良太9927.110.115.261.095.975 
川須栄彦1801.93.98.912.296.355.185 
藤懸貴志1371.74.4810.2156.566.195 
富田暁1251.94.87.212.8204.275.4124
平沢健治323.418.828.128.168.143.1129
藤井勘一郎2211.82.37.712.717.073.156 
北沢伸也333.715.227.339.460.089.7132
白浜雄造283.517.932.135.777.953.2146★★
加藤祥太12324.19.816.342.770.267 
太宰啓介1841.82.77.611.479.070.776 
川島信二1002.15111442.380.069 
熊沢重文452.811.117.833.3140.294.7160★★
小崎綾也1731.72.96.411.621.245.556 
国分恭介1961.82.66.616.340.577.763 
難波剛健253.416204096.875.2162★★
四位洋文672.4614.926.961.377.385 
岩崎翼1051.72.96.711.4104.1106.880 
森裕太朗1301.62.35.49.234.473.559 
植野貴也272.711.118.525.9266.7180.7245★★★
城戸義政771.73.96.511.764.347.469 
長岡禎仁511.95.97.811.8291.676.5155★★
高田潤302.71023.326.727.385.070 
荻野琢真551.93.69.112.729.842.561 
岡田祥嗣801.82.56.213.814.4118.455 
三津谷隼人811.62.59.99.9266.769.5118
西谷誠292.86.924.137.918.675.265 
黒岩悠192.610.521.126.374.781.6101 
竹之下智昭301.96.71013.321.375.758 
小牧太1891.41.12.15.817.649.354 
畑端省吾221.74.54.59.136.416.461 
服部寿希831.31.22.43.636.017.656 
中村将之1337.723.138.560.059.2104 
義英真252481644.434.868 
高倉稜1351.50.73.78.124.035.756 
佐久間寛志302.13.313.326.77.773.054 
水口優也971.613.17.23.659.351 
小坂忠士301.93.31013.3111.765.090 
柴田未崎361.2002.80.06.950 
騎手名総数1鞍当たりのポイント勝率連対率3着内率単勝回収率複勝回収率仕事量評価
D.レーン1244.729.838.753.2125.6100.6328★★★
A.シュタル562.68.917.926.880.594.6105 
B.アヴドゥ602.66.716.73040.880.778

ジョッキーズ・ワークロード(2019年9月28日)

ジョッキーズ・ワークロード =騎手の仕事量(ここでは半年間)
騎手の実績に対して、どれぐらい回収に貢献してくれているのかを判定する指標。
×単勝回収率が高い=仕事量が高い←間違い
◯単勝回収率が100%を越えておらず85%であったとして、馬券に絡んでいる率がトップクラスであれば、「仕事量が高い」と判定される。
◯単勝回収率が200%ぐらいあったとしても、馬券に絡む率が低位だと仕事量は高いとは言えない。
妙味ポイントとも言う。

【仕事量の評価】 ★★★非常に優れている  ★★けっこう優れている   ★優れている   ☆悪くない
騎手名総数1鞍当たりのポイント勝率連対率3着内率単勝回収率複勝回収率仕事量評価
戸崎圭太4563.514.527.941.465.980.6131★★
三浦皇成4393.112.123.734.260.176.3108 
田辺裕信2973.717.530.341.4108.2101.9198★★★
内田博幸4102.6820.227.166.175.495 
丸山元気3122.89.920.228.2151.989.6169★★
吉田隼人2672.610.516.923.677.588.3102 
石橋脩2512.710.819.127.191.664.3117
大野拓弥3932.46.611.521.446.257.177 
横山武史3512.57.415.723.683.974.4103
武藤雅3582.2711.216.555.455.677 
藤田菜七子3472.26.113.318.243.156.571 
丹内祐次3392.35.614.222.165.182.285 
津村明秀3372.45.315.422.846.869.377 
木幡巧也34624.911.317.376.28181 
菅原明良3032.15.611.216.560.773.877 
横山典弘1782.88.419.128.16675.4102
石川裕紀人2142.16.511.215.955.175.574 
松岡正海3081.94.28.414.948.146.167 
柴山雄一1912.16.31216.844.848.670 
勝浦正樹2022.35.913.419.8131.296.9120
木幡育也2241.84.97.611.693.377.980 
柴田大知32523.49.217.219.366.758 
野中悠太郎4131.82.49.21460.290.470 
吉田豊2291.93.96.112.239.851.464 
江田照男2641.73.45.39.158.735.167 
菊沢一樹2541.73.58.310.254.76066 
丸田恭介1252.26.413.62056.989.278 
柴田善臣1382.25.811.618.150.661.275 
横山和生1621.94.99.315.4128.393.596 
田中勝春1622.24.31320.459.3104.779 
西田雄一郎992.17.19.117.2196.8160.9137★★
蛯名正義772.37.81320.825.345.263 
武士沢友治1791.73.46.710.687.439.175 
山田敬士2311.42.24.86.537.133.657 
石神深一532.89.418.926.463.858.1100 
五十嵐雄祐362.811.122.22542.539.783 
嘉藤貴行1301.73.18.512.339.671.162 
宮崎北斗1241.73.27.312.149.171.664 
北村宏司842.44.817.926.230.278.768 
杉原誠人1011.6347.921.465.556 
木幡初也951.73.28.412.653.953.966 
小野寺祐太312.69.79.719.462.62992 
嶋田純次791.82.56.320.341.387.663 
井上敏樹261.97.77.711.5221.253.5130★★
伊藤工真541.83.75.614.828.5109.359 
蓑島靖典312.36.512.919.482.985.894 
原田和真691.32.94.35.846.546.158 
江田勇亮222.39.118.222.762.348.283 
黛弘人1711.50.63.59.93.743.351 
的場勇人361.82.88.319.411.4148.354 
山本康志192.55.315.831.628.9154.768 
岩部純二761.41.32.65.317.927.854 
草野太郎421.62.42.49.56.24552 
大塚海渡1061.50.95.79.49.250.952 
浜野谷憲尚102.210202018746141
菅原隆一581.31.71.75.23.623.851 
          
C.ルメール2994.826.446.558.26984209★★★
川田将雅2774.827.445.857.491.789.4261★★★
福永祐一3603.716.731.742.870.982.6147★★
武豊2943.51729.938.882.674.8151★★
松山弘平4192.91120.529.4115.587.2147★★
M.デムーロ2923.414.727.441.84774.3104 
和田竜二4592.78.119.227.758.773.793 
北村友一3143.110.521.336.367.688.5115
松若風馬3352.49.315.220.9103.671.2110
幸英明3972.57.815.623.999.966.7113
池添謙一2682.911.221.630.270.174.6109
西村淳也3522.58.516.225.6105.692.7116
岩田康誠4152.87.218.329.652.566.691 
藤岡佑介2602.911.220.83087.268123
藤岡康太3532.67.418.426.3104.987121
浜中俊2683922.432.5114.786.4153★★
斎藤新3432.26.711.716.953.254.576 
岩田望来2832.37.41119.886.586.496 
古川吉洋2182.38.316.522.562.982.483 
菱田裕二2182.37.311.918.3108.468.8107
団野大成2342.1611.517.584.6120.487 
秋山真一郎1842.57.115.22560.776.488 
川又賢治2302.25.712.221.362.483.880 
鮫島克駿2052.26.311.220137.794.7117
荻野極2001.959.514.5124.67595 
坂井瑠星2292.23.913.122.328.5126.264 
森一馬473.11723.427.7135.353.4180★★
国分優作1811.94.47.714.98667.681 
松田大作1002.471520105.869.9111
中谷雄太1432.14.99.119.658.873.676 
亀田温心2431.62.95.39.988.871.973 
酒井学2901.72.46.61151.380.965 
鮫島良太10226.99.814.759.29374 
川須栄彦1791.93.98.912.396.955.485 
田中健812.58.62123.58884.1105
富田暁1291.94.7712.4197.973.1122
藤懸貴志1361.74.48.110.3157.666.696 
平沢健治343.317.626.529.464.148.2120
中井裕二1192510.916.867.369.477 
藤井勘一郎2301.82.27.814.316.376.855 
北沢伸也333.715.227.339.46089.7132
白浜雄造293.517.23134.575.251.4142
太宰啓介1811.82.87.71180.370.276 
小崎綾也1761.72.86.211.420.944.756 
四位洋文702.57.115.727.167.676.992 
国分恭介1961.82.66.616.340.577.763 
熊沢重文442.811.418.234.1143.496.8163
加藤祥太1262410.316.741.771.667 
難波剛健273.314.822.240.789.692.2148
川島信二952.14.210.513.728.780.963 
森裕太朗1321.62.35.39.133.972.459 
城戸義政781.83.86.412.863.552.171 
高田潤312.69.722.625.826.582.368 
長岡禎仁521.85.87.711.528675143
植野貴也282.710.717.928.6257.1184.3238★★★
岩崎翼1041.72.96.711.5105.1107.880 
竹之下智昭3126.512.916.120.678.758 
小牧太1871.41.12.16.417.852.754 
西谷誠282.87.121.435.719.373.265 
荻野琢真551.93.69.112.729.842.561 
黒岩悠192.610.521.126.374.781.6101 
岡田祥嗣791.92.57.615.214.6122.355 
三津谷隼人821.62.49.89.8263.468.7118
畑端省吾221.74.54.59.136.416.461 
服部寿希821.31.22.43.736.517.856 
中村将之1337.723.138.56059.2104 
佐久間寛志302.13.313.326.71074.355 
高倉稜1311.50.82.36.924.72956 
義英真271.93.77.414.841.132.265 
小坂忠士311.83.29.712.9108.162.985 
水口優也991.6148.13.563.551 
          
D.レーン1244.729.838.753.2125.6100.6328★★★
A.シュタル562.68.917.926.880.594.6105
B.アヴドゥ602.66.716.73040.880.778

ジョッキーズ・ワークロード(2019年9月16日)

ジョッキーズ・ワークロード =騎手の仕事量(ここでは半年間)
騎手の実績に対して、どれぐらい回収に貢献してくれているのかを判定する指標。
×単勝回収率が高い=仕事量が高い←間違い
◯単勝回収率が100%を越えておらず85%であったとして、馬券に絡んでいる率がトップクラスであれば、「仕事量が高い」と判定される。
◯単勝回収率が200%ぐらいあったとしても、馬券に絡む率が低位だと仕事量は高いとは言えない。
妙味ポイントとも言う。

【仕事量の評価】 ★★★非常に優れている  ★★けっこう優れている   ★優れている   ☆悪くない
騎手名総数1鞍当たりのポイント勝率連対率3着内率単勝回収率複勝回収率仕事量評価
A.シュタル562.68.917.926.880.594.6104.5 
B.アヴドゥ602.66.716.730.040.880.777.7 
C.ルメール3044.826.046.458.668.384.2207.5★★★
D.レーン1244.729.838.753.2125.6100.6327.6★★★
M.デムーロ2943.414.327.241.246.372.6103.6
伊藤工真561.83.65.414.327.5105.459.0 
横山典弘1842.88.219.629.363.385.799.7
横山武史3572.57.816.023.585.973.7103.8
横山和生1651.94.89.115.8126.095.395.6
岡田祥嗣851.93.58.214.119.174.957.0 
荻野極2102.05.210.014.8125.373.4100.2
荻野琢真561.83.67.110.729.339.159.6 
加藤祥太1322.03.89.816.739.873.566.0 
嘉藤貴行1331.73.08.312.038.769.561.3 
丸山元気3202.810.020.628.4160.990.3176.3★★
丸田恭介1292.26.213.219.455.186.476.8 
岩崎翼1071.72.86.511.2102.1104.879.6 
岩田康誠4222.87.618.229.653.465.892.0 
岩田望来2792.37.210.819.785.986.395.5 
岩部純二751.31.32.74.018.124.553.2 
亀田温心2421.62.95.49.989.172.272.9 
菊沢一樹2581.73.57.89.753.958.365.7 
吉田隼人2752.610.217.524.075.397.5101.0
吉田豊2211.93.65.912.240.152.864.6 
宮崎北斗1251.84.08.813.654.373.867.7 
原田和真671.21.53.04.523.335.153.5 
古川吉洋2192.37.816.021.957.780.380.6 
戸崎圭太4583.615.128.842.170.881.2141.9
幸英明3992.57.315.523.897.772.8111.2
江田照男2661.63.44.98.658.233.365.0 
高倉稜1371.50.72.27.323.629.255.4 
国分恭介2081.82.46.215.438.273.262.5 
国分優作1811.95.08.315.5119.672.593.3
斎藤新3462.26.612.417.952.759.575.6 
坂井瑠星2312.24.813.923.474.8140.786.3 
鮫島克駿2242.25.810.319.2126.090.7111.1
鮫島良太1101.96.49.113.654.986.369.9 
三浦皇成4453.111.924.034.659.276.8107.0
三津谷隼人811.62.58.68.6266.763.1118.4
山田敬士2421.42.14.56.235.432.157.0 
四位洋文722.35.613.925.025.366.063.5 
柴山雄一1972.06.111.716.843.548.667.5 
柴田善臣1362.25.911.818.451.362.174.9 
柴田大知3302.03.69.717.320.166.458.1 
酒井学2941.72.46.110.250.678.864.7 
秋山真一郎1902.67.415.325.875.575.3101.1 
勝浦正樹2042.35.913.219.6130.097.6118.9 
小崎綾也1831.83.87.112.022.644.457.4 
小牧太1911.41.62.66.824.554.154.9 
小林凌大1141.40.02.68.80.097.950.1 
松岡正海3152.04.88.616.253.852.771.6 
松山弘平4253.011.120.929.9113.989.1152.6★★
松若風馬3412.48.815.821.799.073.0107.1
松田大作1082.47.415.720.4102.268.5109.0
城戸義政801.83.86.213.861.955.970.2 
森一馬503.218.024.028.0133.453.0186.7★★
森裕太朗1331.62.35.39.033.671.958.7 
水口優也981.61.04.18.23.664.251.0 
杉原誠人1021.63.94.98.827.966.457.2 
菅原明良2992.15.011.016.451.973.673.0 
菅原隆一571.31.81.85.33.724.250.7 
西村淳也3692.68.716.826.0113.396.9126.7
西田雄一郎1012.06.97.915.8192.9154.9127.3
石橋脩2502.812.020.427.6102.967.4130.8
石神深一512.89.817.625.566.357.6102.1
石川裕紀人2262.06.210.615.052.271.571.0 
川須栄彦1891.93.79.012.291.756.183.2 
川田将雅2784.828.145.057.297.690.1275.0★★★
川島信二972.14.19.312.428.177.362.5 
川又賢治2402.25.412.121.259.884.879.0 
太宰啓介1831.82.77.710.979.569.575.9 
黛弘人1811.50.63.38.83.539.450.9 
大塚海渡1101.50.95.59.18.949.152.1 
大野拓弥3982.46.311.121.144.959.476.0 
丹内祐次3412.35.613.521.464.880.884.4 
団野大成2262.06.211.116.887.6103.585.1 
池添謙一2732.810.620.128.968.167.5103.5
中井裕二1212.05.812.418.274.371.979.8 
中谷雄太1522.15.39.919.759.372.676.3 
長岡禎仁521.85.87.711.5286.075.0142.8
津村明秀3392.35.314.722.146.566.374.7 
田中健812.47.419.822.257.076.082.9 
田中勝春1612.13.712.419.357.1102.875.3 
田辺裕信3143.617.229.340.8103.5100.9184.2★★
嶋田純次801.82.56.220.040.886.563.3 
藤井勘一郎2391.92.58.815.120.376.057.4 
藤岡康太3562.67.318.326.1104.0103.4120.4
藤岡佑介2642.910.620.830.383.270.3120.1
藤懸貴志1471.74.17.59.5145.961.692.3
藤田菜七子3492.26.313.217.846.251.472.5 
内田博幸4132.78.220.627.467.977.899.6
伴啓太631.30.00.04.80.024.350.1 
菱田裕二2272.37.511.918.5108.873.3107.7 
浜中俊2773.09.723.133.2116.987.8155.3★★
富田暁1381.94.36.513.0185.075.2116.9
武士沢友治1841.73.36.09.885.137.374.7 
武藤雅3602.26.710.816.453.654.276.0 
武豊2953.516.929.838.077.373.1144.8
服部寿希851.31.22.43.535.217.256.1 
福永祐一3633.716.032.543.371.384.3147.7
北村宏司762.45.317.126.333.483.469.3 
北村友一3153.010.221.035.266.083.8109.5
木幡育也2261.74.07.111.178.975.072.9 
木幡巧也3452.15.211.016.878.372.484.6 
木幡初也961.73.18.312.553.353.365.5 
野中悠太郎4141.92.79.414.565.092.473.6 
和田竜二4652.78.619.127.360.671.894.3
蛯名正義862.27.011.619.822.742.961.1

奥野の百般予想 日本ダービー ~令和最初の国賓がトランプ大統領なら…~

【東京11R日本ダービーの予想】
◎6番サートゥルナーリア
○3番エメラルファイト
☆10番クラージュゲリエ
☆13番ヴェロックス
☆11番レッドジェニアル
△7番ダノンキングリー
△12番アドマイヤジャスタ
▽1番ロジャーバローズ

 サートゥルナーリアの前日単勝オッズは1.5倍。ダービーで1倍台に支持されたのは、ここ十数年においてはドゥラメンテ、フサイチホウホー、ディープインパクトの3頭だけ。トゥラメンテとディープインパクトは完勝で、フサイチホウオーは7着に敗戦(勝ち馬ウオッカ)。1989年(平成元年)までさかのぼってみると、ナリタブライアンとトウカイテイーが入ってくる。ご存じの通り、ともに圧勝。
 最高払戻額はドゥラメンテの190円で、最低がディープインパクトの110円。それでも、これらの単勝回収率は116%にもなるわけで、今年の150円は"美味しい"ととるべきかもしれない。
 しかし、どうやったらこんな美ボディーをつくれるのだろう…。その体躯から繰り出される馬力がすごい。
 皐月賞では、残り150m地点でヴェロックスに併せてムチ二発パンパンといれたら、土煙をあげて一気に加速。外にもたれてくるヴェロックスに覆いかぶさるようにして内に切れ込んで封じてしまう。
 ヴェロックスの鞍上も余計なことをしたなぁとおもわれるが、まっとうなたたき合いだったとしても、はたしてヴェロックスはサートゥルナーリアに先着できただろうか…。ゴール寸前の余裕の残し方ををみても、おそらく"アタマ差負け"は変わっていなかっただろう。
 とくに気難しいところもなく、鞍上の意のままに動いてくれる機動力の高さ、4コーナーを抜けてからの手前の残し方も素晴らしく、走りに一切ロスがない。
 ロードカナロアもすごいが、これを生産・育成した人も本当にすごい。
 この馬の育成に携わった全ての方に敬意を表し、素直に◎を打ちたい。
 
 サートゥルナーリアとは対照的に、腰が引き締まってたスレンダーな体つきをしたヴェロックス。ハーツクライの血を継承したジェスタウェイ産駒。ヴェロックスはもうワンアンドオンリー(14年ダービー馬)だなーと。ワンアンドオンリーのほうが多少背があったか、480キロ前後の無駄のない馬体から繰り出される脚は、切れないが"自然薯"のようなしつこい粘りをもつ。
 ワンアンドオンリーもそうだったように、ロングスパート合戦になったらまず落ちない。そしてノーザンファームの育成がはいって器用さとスピード性能が上乗せされている。
 とはいえ、挙げるには心苦しいデータもある。中内田厩舎の2200m以上の重賞成績。G1はエリ女の4着が最高。G2、G3は過去に1戦(16年京都新聞杯ゼンノタヂカラオ8着)のみで、クラシックディスタンスに相当の距離実績に乏しいところだ。
 いい意味でも悪い意味でも切れない。自分が高速道路をバイクで走っていてよく、ここでもう一段ギアがあれば安定するんだけど…、という思いに駆られることがある。まさにそういったイメージ。中速域ではどんなにタフな馬場でも同等のタイムで走れるが、高速域にはいるとトップスピードが限界に達し、もう1速上のギアを持つものに抜かれるか、それを追い越せない。
 最高の舞台にして、この高速馬場。これにどう対応させてくるか…。この1カ月半で仕様変更は叶うのだろうか。
 
 ダノンキングリーの凄さは…というよりも、皐月賞は戸崎騎手のファインプレーがすべて。4番枠からさっと出し、誰よりも早くラチ沿いを確保。ハミをリングハミに替えてきのは、それをイメージ通りに実現するためだろう。中山2000m、いや、皐月賞を知り尽くした乗り方だった。パーフェクトな騎乗だったといえる。
 それでも連対馬2頭に先着できなかった。皐月賞の結果が限界点とみる。
 
 穴はエメラルファイト。
 朝日杯FSに出走し6位のあと500万→スプリングSを連勝。スプリングS時はあまり状態が良くなさそうだったが、それだけ強い調教を課されてきたのだろう。しかしその反動がでたのか、捻挫を発症し皐月賞を回避。トレセンでじっくりと立て直しを図ることになった。
 権利を獲るために、あっちこっちの重賞を使われて、中2週や3週で叩かれるよりもよっぽどいい。ちなみにこちらは中9週でメンバー中最長。今回こそ燃料満タンで出走できるはず。そういえば、今回は美浦の坂路にいれられている。そこで初めて"速い時計"がだされた。個人的には良い試みだとおもうが…。
 勝ちに行くイメージで乗らないと馬券圏内には残れない。先週のカレンブーケドールのように、この枠をいかして、高いポジションを取り、早めに動き出して上位を出し抜くイメージで乗ってもらいたい。ちなみに石川騎手、ダービー騎乗は今回が2度目。
 (表題は”クロフネ”産駒に引っ掛けたいだけ・笑) 

 クラージュゲリエは、名牝フェアリードールの子孫だから、トゥザワールド(有馬記念と皐月賞で2着)や、デニムアンドルビー(JCと宝塚記念で2着)。ここに出ているリオンリオンも同じ牝系。
 蹄底が深いタイプで、みるからに不器用そう。マイラー的中距離はあわない。小回りも向かない。皐月賞では4コーナーでのストライドロスがすごかった。あれでは直線でもう一段ギアが上げられない。それでも5着。
 距離が伸びてかつ直線が伸びるこの舞台こそ最適な条件となるだろう。
 蹄のエクイロックスは厳しいトレーニングを課せられてそれに耐えてきた証。
 
 レッドジェニアルは前走では勝負のハミ替えでしっかりと力を出し切れた。いや、まだもう一段上を目指してもよいだけの地力はある。レッドアゲートの子。距離が延びてより躍動する。当日の落ち着き次第で。
 
 アドマイヤジャスタは、ここ2戦ともにまだホープフルSの仕上がりに持ってこられていなかった。そもそも前走は難しい枠からだったことで、スタートもあえて遅らせての居直り後方待機策をとった。結果的に見せ場すら作ることはできなかったが、残り100mの脚は目を見張るものがあった。この中間、ノーザンファームしがらきでどんなしごきを受けてきたか、当日の状態が楽しみでならない。

 ロジャーバローズは、能力はさておき、いま本当に絶好調だろうなーと思わせる追い切りを披露。馬主が猪熊氏。調教師は角居勝彦。飛野牧場生産。育成はノーザンファームしがらき。心肺機能は相当高そうだ。
 
(奥野憲一)

奥野の百般予想 ~新年は当然金杯で祝杯(ベタですいません)~

【中山11R 中山金杯】
◎12番タイムフライヤー
○3番コズミックフォース
▲15番ステイフーリッシュ
注8番マウントゴールド
☆2番アドマイヤリード
△6番エアアンセム
▽9番ストロングタイタン

 タイムフライヤーとコズミックフォースは、血統も厩舎も育成も違うが、同じタイプで、ベストは時計が速くない2000m。どちらも良いころの状態に戻ってきており、条件次第ではもっとやれる。
 今回はともに56KとGⅠで馬券に絡んでいる馬としては楽な設定。
 
 ステイフーリッシュは微妙な設定で、55Kなら楽に勝ち切れるだろうなぁといった感じ。気性が成長してくれば、56Kでも勝負になる。今回も藤岡祐騎手だから、うまくコントロールして力を引き出してくれるとみているが…。
 
 エアアンセムは重賞勝ちがあるせいで57Kを背負わされる。このメンツで57Kは楽ではない。
 
 アドマイヤリードは小回りの小足を必要とする状況になると本当に強い。今回もスローの上がり勝負になれば。
 
 マウントゴールドの56Kも妥当な設定。常に好位をとれるので安心してみていられる。なので、この馬にとっての不安は位置を取れないこと。逆に言うとそれさえクリアできれば、56Kでも勝負になる。
 
 ストロングタイタンの前走の好走は完全に馬場状態によるもの。騎手も動かせるアヴドゥラ騎手だったのも良かった。今回は前回のようにはいかないだろう。ただ、重い馬を動かせる大野騎手だから、少しだけ気にしておきたい。
 


【京都11R 京都金杯】
◎5番アドマイヤアルバ
○17番ロードクエスト
▲12番パクスアメリカーナ
注10番リライアブルエース
☆2番サラキア
△3番カツジ
△4番グァンチャーレ
△15番マイスタイル

 アドマイヤアルバはスタイルがマイラー。かつ、左回りよりも右回りのほうが脚捌きに力強さがある。ハンデ54Kはこの馬の実力からすれば軽すぎる。
 
 グァンチャーレは、何度も予想で取り上げてきた。オープン特別なら1600mでも勝ち切れるが、重賞になると1800mや内回り1400mのように特殊条件のほうがよいタイプ。56.5Kというのもやや難しい。
 
 パクスアメリカーナは前走はまだ7割のデキ。それでも55Kなら、オープン勝ちある古馬すら相手にしない。もっと成長する。
 
 サラキアは、全体の質が落ちる牝馬限定戦だから2000mでも好走できた。本質は1400mの馬で、1600mは少々長い。ここは乗り方次第で持たせられる。
 
 カツジの前走の4着は嵌った感がある。嵌った時は好走できるし嵌らなければ何にもならない。溜まれば切れる。早く動けばまったく伸びない。分かりやすいタイプ。京都金杯は毎年、内の先行馬が有利なので、今回は苦戦する可能性は高い。
 
 リライアブルエースはハンデに頼らないと好走できないという点では、時計勝負にならないほうが優位であるといえる。近年の金杯は、G1レベルでない限り、1分32秒台決着にはならない。そういう観点でいくと、今回は状況が向く。
 
 ロードクエストは、スワンSを勝利したことでさらに格を積み上げた。それでも今回のハンデは57K。前走は枠順から終わっていた感じがあり、目いっぱい追われていない。余力ある状態でこのハンデなら十分戦えるはず。
 
 マイスタイルはまだ仕上がってないし、2000mはそもそも長い。テンの速さと持続力をいかせるマイルのほうが競馬がしやすいように思う。


TEXT 奥野憲一

展開大作戦 ~中京2R (7月7日)~

展開図_中京2R

ストライド競馬新聞の前日展開予想図より

ダート1800m。
おそらく不良馬場。

前に行ける馬が有利?
2番、3番、4番、5番、7番、8番
これらが先行できる馬たち。
このように内枠に固まっている。
そのうち、2番、4番、5番がバイタルジョッキー(近走いろんな意味で成績がよい騎手)。

スタイル的に、不良馬場を克服できそうなのが、
4番、7番、5番。
(5番はちょっとまだふと目のこりなんだよなぁ…)

ご当地馬主が、
1番、8番、12番。
うち8番が朝9時20分現在で強く買われています。
「逃げ確定のサイン」か…。

ワイド4-7が16倍前後。
4-8を加えた2点買いで、合成オッズが9.2倍。

5倍以上になるなぁ。
(注・この企画は”一撃5倍目”のあれではありません)

しかし8番はあれだけ蹄が立っていたらちょっと買いづらい。

ワイド4-5が5倍。
これ1点でもいいか…。悩ましいところ。

これらとは別に、3番メイプルトップがちょっと仕掛けてきそうな雰囲気がある。

(奥野憲一)

新企画「本日の一撃5倍目」

【函館11R TVh杯 ハンデ】
函館11R出馬表
※出馬表は「スポーツ報知 馬トク」にお借りしました

 基本的にハンデ戦は避けたいところです。

 ですが、ハンデ戦ほど妙味があるレースもありません。
 1番人気だけの勝率で評価すると、「難しいレース」となってしまいますが、的を絞れば、定量戦と同じように扱えます。
 また、オッズが甘く出る分、回収率アップが望めます。


◎03番デアレガーロ 基準オッズ3.7倍

 だいぶ甘く出ました。基準オッズが3.7倍。実際は3.2倍ぐらいに落ち着くでしょうか。
 もちろん、直前に売れてくれないと評価は下がります。

 気性、スタイルなど、あらゆる面で1200~1400mがベスト。

 不安材料は、出遅れて位置取りが悪くなること。
 ここを予想した人のほとんどは同じことを考えたと思います。だからこの基準オッズなのでしょう。ようは、そこを克服して戻ってきたかどうか、です。

 位置取りが後方になったとしても、インでじっくりを脚をためていれば大丈夫でしょう。
 直線ではみんな内に行きたがるので、それらの少し外、馬場の五分どころを突けば、ロス無く脚を伸ばせるはずです。
 上手く捌いてくれるかどうかだけ。

 
 次は相手。
 ハンデ戦で妙味はあるので、人気どころのワイドでも5倍はつきます。
 朝9時40分の時点では、ワイドの最低オッズが3-11の4.7ー5.0倍。

注11番アマルフィコースト

 重賞級の能力を持っています。
 ただ、少々気難しいところがあります。
 52Kはメリット大ですが、久々の競馬で、かつ、初コース、初距離という難題を、初戦からクリアできるかどうか。
 パドックと返し馬次第です。

△07番タイセイスターリー

 きめの細かい走りが要求される小回りの短距離戦で、まともに重量を背負わされて…となると強くは推せません。

○12番サダムリスペクト
▲08番ヤマカツグレース

 サダムリスペクトは、ここ数戦、状態も競馬の内容も悪くありません。
 55Kならもう少し高い位置を取りに行ける可能性があり、そうなれば決め手がある分有利です。

 ヤマカツグレースは、1200Mは短いのかなぁ…、55Kもなぁ…、という不安はあるものの、実力で1600万条件を勝ち上がっています。力はあります。
 前走は、相手が強かったことと、位置取りも中途半端で、道中の体勢もよくありませんでした。スムーズに立ち回れれば、という条件付きですが、このオッズならお買い得感あり。


ーーー
【結論】
 ワイド3-8  7.4倍
 ワイド3-12 14.6倍

 (合成オッズ4.9倍 10時30分現在のオッズ)



これでいってみましょうかね!

※馬券は自己責任で(笑)

ーーー
【直前 追記】
サダムリスペクトの馬体重減が大きいことに不満を覚えます。

ヤマカツグレースの馬体重増は問題ないものの、
3番ティソーナのデキが良くなっている分、馬券圏内期待率は低下しました。

アマルフィコーストは、パドックはよい周回を見せているように思います。

ケンが無難でしょう…。

(奥野憲一)



 

新企画「明日の一撃5倍目!」 ~ここまで3戦3ケン~

新企画「明日の一撃5倍目!」です!

先週は、土曜日に2レース、日曜日に1レースをピックアップして、
勝負したろうとおもったのですが、結局全レースをケン…。

一撃で5倍にするためには、どうしても軸を1頭決めて組まなければならないのですが、その場合はリスクヘッジの図りようがないので、より慎重に進めるべきです。

たとえ、ノーザンファーム生産馬で、短期放牧明け
(放牧先としてノーザンファーム天栄などを使用)の1番人気馬であったとしても、
ルメール騎手が現場にいるのに違う騎手が騎乗していたり、
他「おや?」と思わせるような違和感をおぼえたときは、
いろいろ疑ってみましょう。


私の場合は、締切直前のオッズをみて判断するようにしています。

好走する馬というのは基本的に”売れます”。

間違ってはいけないのが、
「売れた馬が来る」ということではなく、「デキがいい馬、上位を狙っている馬は売れている(買われる)」
ということ。

東京7R出馬表
※出馬表は「スポーツ報知 馬トク」にお借りしました

先週、6月24日(日)の東京7Rです。
東京7R見解


こちらは、その前日の見解です。
軸馬として指名した⑦ヴァンクールシルクについての、
最後の<注意点>をご覧ください。

私がここで一番気にしたいのは、「仕上り」です。

1番人気信頼度がAAであっても、それはあくまでもデータ上の話。
当日仕上がっているかどうかは、その日にならなければ分からないこともあります。
(当日にならなくても、だいたい分かることもあります)

当日は、ルメール騎手は阪神競馬だったので、今回は田辺騎手でした。
府中でもう一度使いたいという思いがあったのだと思います。
戸崎騎手も阪神で、しかたなく田辺騎手といったところだった(?)かもしれません。
がしかし、それ以前の問題です。
田辺騎手は上手な騎手です。
デキが良くて、勝ち負けできる状態にあれば、しっかりと勝たせます。

今回はそういう仕上げではなかったわけです。

当日の馬体重は、なんと582kg。プラス4キロです。
この時点で、私が勝ち負けのボーダーラインとしていた578kgを上回てしまいました。

仮に上回っていたとしても、しっかりと動けていれば問題ありません。
個人的には、理想的な動きをしていなかったと判断しました。

それもなにも、オッズをみればだいたい分かります。
勝ち負けする馬は、売れているものです。

⑦ヴァンクールシルクの基準オッズは、2.8倍でした。
最終オッズが3.7倍。
売れていません。


この時点で、ヴァンクールシルクの軸は、崩壊してます。

時系列オッズ(標準化得点)も見てみましょう。

東京7R時系列オッズ

ただいま研究中のシートです。
本来は、締切直前は1分毎に追いかけます。

ざっくり説明すると、
-3ポイント以下 非常に大量の票が投げ込まれた
-2ポイント以下 大量の票が投げ込まれた
-1.8ポイント以下 しっかりと買われた
-1.4ポイント以下 そこそこ買われた
という感じです。
好走の目安は、-2.0ポイント以下。

⑦ヴァンクールシルクは朝9時頃に少し売れているものの、締切30分前から締切に向かっては、あまりよく売れていません。

それよりも、⑥トラストケンシン、⑤サンデームーティエ、⑨ハッスルバッスルらのほうが、よく売れていました。

結果、
1着⑥トラストケンシン
2着⑨ハッスルバッスル
3着③ジョブックコメン

⑦ヴァンクールシルクは8着に惨敗。

「一撃5倍目」じゃなかったら、3-6のワイドを取りに行っているんですけどねぇ…。
340円では、ルールから外れているので、ここはケンとなりました。
(本来は340円でも1点でいけるなら相当美味しい)


というわけで、この企画は、こういう感じで進めていきます!

6月30日(土)の対象レースは後ほどリリースします。
(対象レースはあるのかなぁ)


(奥野憲一)

新企画「明日の一撃5倍目!」 ~低信頼度だが鞍上期待で旨味あり1番人気の回収率が100%超え!~

新企画「明日の一撃5倍目!」です!

土曜は、「低信頼度だが鞍上期待で旨味あり1番人気」の成績がかなり良かったので自慢しておきます。
※ストライド競馬新聞のメルマガ「ストライド虎の巻」にて提供中

【低信頼度だが鞍上期待で旨味あり1番人気】



函館8Rレコンキスタの単勝で一撃5倍にできたのになぁ…。
というのは結果論。
信頼度は最低のDランク。
基準オッズが3.7倍なのに5倍もつく馬から入ることはできません。


さて、日曜はどこで一撃5倍を狙うか…。

決めました!
東京7Rです。

1番人気は7番ヴァンクールシルクで信頼度がAA。

少頭数でも、2番~5番人気が割れているので、馬連はそこそこ付きます。

◎は当然7番ヴァンクールシルクですが、とすると、相手を1頭に絞らなければなりません。
3連複3点買いではおそらく合成オッズ5倍以上の目を作ることは出来ないでしょう。
なので馬連1点買いで。

相手はトラストケンシン。◎以外で一番まともです。

負担重量が48kgの③ジョブックコメンは、脚長で引け目腰つきから距離延長がプラスなのは間違いないでしょう。ただ、外にもたれるところと、走法的に効率が悪いところがあるので、あって3着とします。

<注意点>
◎7番ヴァンクールシルクは580kgもある大型馬。当日、場体重が増えていたり、動きがダラダラしていて単複ともに売れが甘かった場合は、買うのを止めましょう。
締切3分前の単勝オッズが2.7倍以下、馬体重578kg以下が目安。


買い目は、
馬連⑥-⑦ 5.6倍(5時現在のオッズ)

基準オッズが4.7倍なので、当日はもう少し下がるかもしれません。
5倍を切ってしまったらすいません…。

もしくは、
3連複③-⑥-⑦13.5倍(5時現在のオッズ)
これはジョブックコメンのデキがやたら良くて単勝がしっかりと売れているとき。逆に、ヴァンクールシルクのデキや売れ方に不満が残ったとき。

ちなみに、3連単⑥-⑦-③41.3倍(5時現在のオッズ)となっています。

この3頭で何とかしてください!
とうことで。

(奥野憲一)

奥野の百般予想 ~変化変更多し今年の春のグランプリ~

阪神11R 宝塚記念の予想
出馬表
※出馬表は「スポーツ報知 馬トク」にお借りしました

サトノダイヤモンド

 1番人気信頼度はAA。
 サトノダイヤモンドの前日段階の単勝オッズは4.6倍。基準オッズが4.3倍なので、もう少し売れてくれないと不安になってくる。
 中間に坂路でガンガンに追われたせいか、胴回りの筋肉の付き方が変わってきた。昨年春ごろの形に戻ってきたのではないだろうか。
 2週前はCWでチークピースを装着して集中力を高める稽古。今週は、いつもの形で、終いだけ強く追って今週競馬があることをお知らせした程度。
 ご存じの通り、スタミナ量は十分で、多少時計が掛かる馬場も歓迎される。もともと機動力もある。この枠も問題ないはず。
 
 次はステファノス
 前走は11着と大敗。あんなにピリッとしないステファノスを見たのは久しぶりだ。デキは悪くなかったと思うが…。ハンデ58kgが堪えたか。直線は舌を越してしまっていた。それへの対処が素早い!のが藤原英昭調教師。今週の追い切りでは舌を括っていた(好材料ということではないが)。ハミもエッグからノーマルに替えている(?) このあたりも当日のチェック項目にあげておきたい。

 3番手はミッキーロケット
 ようやく本格化してきた印象。2400mとか3200mとか走らされてきたが、本質的には2200m前後が最もあっているのではないかと思う。
 重馬場だったら消していたかもしれないが、当日はおそらく良馬場。力は出せる。
 
 今回のヴィブロスの状態は絶好。びっしりと仕上げてきた。問題はコース適性。やや脚が硬いタイプなので、このトリッキーな阪神内回りコースをこなせるかが心配。
 
 キセキの前走はノーマルハミに替えて違った競馬をしてみせたが、見せ場を作っただけに終わった。でもそういうチャレンジは大事。もうひとつGⅠを獲るためには、差し追い込み脚質を先行差しに換え無ければならない。いまはその過渡期か。

 ストロングタイタンは気性が良く、つねに良い位置を取れるのが最大の長所。チークピースを付けた方が走りがさらに安定する。

 ほか、ダンビュライトは相手なりに…。
 ゼーヴィントは何か一つ大きめの変化が欲しい。
 ワーザーは見たことがなく、評価も難しい。馬券は抑えておく。
 パフォーマプロミスはG1ではまだ地力が備わっていない印象。

◎3番サトノダイヤモンド
○1番ステファノス 
▲4番ミッキーロケット
☆16番キセキ
△5番ストロングタイタン
△8番ダンビュライト
△10番ヴィブロス
△13番ワーザー



(奥野憲一)

新企画「本日の一撃5倍目!」 ~東京9Rは見るだけ~

さて、東京9R。

パドック情報(詳細版)がやや遅れているので、いまのところ結論を出せずにいます。

とりあえず、時系列オッズだけ見ておきましょう。

■東京9Rの時系列オッズ(単勝・標準化得点)
時系列オッズ_東京9R単勝


オッズ_東京9R


軸馬は16番シャープシューター
単勝オッズも、基準オッズよりもしっかりと入れていて、時系列オッズの売れ方も上々。(本当は締め切り5分前までみる)

15番マリームーンは、単勝の売れがシャープシューターにおされていて、複勝がやや売れている感じ。

相手は、しっかり売れていて、デキも良さそうな
…。

いや、雨が強く降ってきたので止めましょう!

■東京9Rの時系列オッズ 10分前(単勝・標準化得点)
時系列オッズ_東京9R単勝10分前


新企画「明日の一撃5倍目!」 ~一発目からケン対象~


今日からスタートした新企画「明日の一撃5倍目!」
第一回目からいろんな意味でダメダメでした…。

新企画「明日の一撃5倍目!」 ~一発目からあかんかも(汗)~

まず、1番人気で勝ちきってくれると期待していたレッドアネラの単勝オッズが、
3.5倍を超えて、3.6倍になってしまったこと。


東京ホースクラブさんの馬なので、やっぱり朝にさらっと売れるんですね。
10時前に60万円ぐらい。
さらっとじゃないな(笑)

売れた方が勝率は高くなる、というのは事実ですが、
このパターンは「特定の買い付け条件」ですから、それほど高く評価できません。

で、そのまま淡々と売れて、締め切り5分前。
なんと1番人気が入れ替わってしまいました

各馬のオッズをみてみましょう。

結果_東京3R


ドナプリモが1番人気(2.9倍)になってしまいました。
レッドアネラは3.6倍の2番人気。
締め切り2分前には3.5倍。
この時点で、馬券購入はストップ。


たしかにドナプリモのデキはここ3戦比較で、一番よいデキだったと思います。
基準単オッズ3.2倍に対して、最終オッズが2.9倍。しっかりと売れています。

一方、レッドアネラは基準3.0倍に対して、最終3.6倍。
見た目の上昇度では、ドナプリモに劣りましたから、こうなっても仕方ないかもしれません。
ただ、個人的には、ハミをエッグハミからリングハミに替えてきたことは好印象でしたね。
前走の行きっぷりは、鞍上の乗り方の影響かもしれませんが、
あのように出していった分、より押さえる工夫が必要になるわけですから。

パドック_東京3R

こちらは時系列オッズ。ただいま研究中のシートです。(見方、使い方はおってお届けします。)

ざっくり説明すると、
-2ポイント以下 非常によく売れている
-1.8ポイント以下 よく売れている
-1.4ポイント以下 売れている

という感じです。
好走の目安は、-2.0ポイント以下。

■東京3Rの時系列オッズ(単勝・標準化得点)
時系列オッズ_東京3R単勝


■東京3Rの時系列オッズ(複勝・標準化得点)
時系列_東京3R複勝


締め切り5分前にそこそこ良い売れ方をしていたのが、
5番ガトーブリランテ
6番ドナプリモ
の2頭。
単複ともに。

5番のガトーブリランテは勝ち馬です。
おまけの情報として、
ガトーブリランテにもハミ替えがみられました。
ノーマルハミからトライアハミです。

このように、制御力が強くなる、あるいは、弱くなるハミ替えがあっての単複売れは、
期待値がぐんとアップします。

3着の12番カグヤヒメは、特に何もなかったのによく売れていました。
なぜでしょうか? 名前売れ?

着外となった10番フルネスは、良い意味でリラックスできていて良かったとは思います。
悪い言い方をすれば、気持ちが前向きでは無かった…。動きにもキレが無かったですね。
それゆえ、単複ともに総じて売れが甘かったです。
基準オッズが10.9倍に対して、最終オッズが14.4倍はお話にならないレベル。
良くて3着という評価になります。
良くて3着の評価ほど、いい加減なものはありませんがね。

このように、ギリギリまで追いかけると、いろんな変化があって、
馬券もそれらの動きは変化に対応させなければなりません。

さて、つぎは 阪神9R を狙うことになってますが、どうします?(笑)

新企画「明日の一撃5倍目!」 ~一発目からあかんかも(汗)~

新企画「明日の一撃5倍目!」です!

 頑張ります!(今週で終わるかもしれませんけど・笑)

 企画のコンセプトは下記の通り。

 ・”一撃”なのでターゲットレースは1つだけ。
 ・どんな手を使ってでも良いから1発で資金5倍を目指す
 
 これだけ。

 単勝でも、馬連でも、ワイドでもいいから、とにかく5倍にすることしか考えない!
 
 (おいおい、簡単に言うなって…汗)。
 
 「5倍って楽じゃね?」

 って思った人。いるでしょ!

 じゃあやってみなさいよー!(笑)

 ーーー

 さて、では、まずレースの選定から。

 こういうときは、下手に穴馬を探してそこから入ろうとすると失敗します。

 確率的に考えても、1番人気から入るのがベター。

 1.7倍といったガチガチの1番人気は勝率50%ちかくになるため、期待値は高くなりますが、それで5倍をクリアーするのは難しいでしょう。
 ですので、ここは、ストライド競馬新聞のメルマガ「ストライド虎の巻」にて提供しております、「低信頼度だが鞍上期待で旨味あり1番人気」から選びたいと思います。

【低信頼度だが鞍上期待で旨味あり1番人気】
 ① 1回函館3日 02R 11番シェパーズポーズ  B S 3.1倍
 ② 1回函館3日 08R 01番レコンキスタ    D AA 3.7倍
 ③ 1回函館3日 11R 07番ヨシオ       C S 4.1倍

 ④ 3回東京7日 03R 09番レッドアネラ    C AA 3.0倍
 ⑤ 3回東京7日 07R 05番アポロマーキュリー B S 3.4倍
 ⑥ 3回東京7日 09R 16番シャープシューター B S 3.3倍
 ⑦ 3回東京7日 12R 07番ウィンドライジズ  C S 3.7倍

 ⑧ 3回阪神7日 09R 01番ワンダーウマス   C S 2.9倍
 ⑨ 3回阪神7日 12R 04番ヨドノビクトリー  B S 2.9倍

 ※BとかCとなっているのが「信頼度」で、SとかAAが「妙味度」です。

 この中からどれを選ぶか…。

 すでに荒れ始めている芝は、天気の影響を受けやすいので避けましょうか。
 ×⑦東京12R

 次。
 降級がいて、見習い、馬齢、そして性別で斤量設定が替わるようなややこしいレースは、馬場の影響を受けやすいので、避けましょう。
 ×②函館8R
 ×⑤東京7R
 ×⑦東京12R
 ×⑨阪神12R

 次。
 逃げられる馬、先行できる馬は、ご存じの通り、競馬においては有利です。

 「逃げ」にもいろいろあります。
 ・逃げなければならないタイプ
 ・逃げたくないけど、引っかかって逃げる形になってしまった
 ・ほかが遅いからたまたま逃げる形になってしまった
 などなど。

 どちらにしても、逃げるにして先行するにしても、安定してその走りができるかどうかが重要になります。

 たとえば、東京3Rでのレッドアネラ

レッドアネラ

 前走で逃げを打ちました。
 この馬は、おそらくすごく賢い馬です。そしてパワーもあります。
 元々逃げる予定だったのでしょうけど、あまりのパワーに鞍上が押さえられなかったのだと思います。結果的に結構なハイペースになってしまいました。
 また、本質的には1400mのほうが合っています。
 後ろからでもいける馬ですが、前走であのような逃げる競馬をさせてしまったから、今回もし勝たせたいのであれば、ハナにたつか、2番手に控える競馬が理想と言えます。

 で、回りを見渡せば、ほかにハナに立ちそうな馬はいない。
 いえ、6番ドナプリモぐらい。
 ドナプリモ

 ドナプリモの鞍上は、引き続き横山典弘騎手。高木登厩舎なのに大野騎手ではありません。
 大野騎手は上のレッドアネラ。
 どちらもエージェントを外してフリーですから、こういうこともあります。

 馬の質的には、レッドアネラの方が上、とみています。

 ようやく絞れた気がするドナプリモがハナに立とうとおもえば立てると思いますが、そもそも肩のでが悪いので、終いが伸びずに交わされる可能性が高い。鞍上もそれを分かっているでしょうから、無理に出していかないでしょう。
 というか、1400mは長いです。

 なんとなく、流れ的に、このレースを選ぶことになりそうな…(笑)。

 レッドアネラの今回の鞍上、大野騎手は、力ある騎手で、ダートの1番人気で逃げれば、勝率42.9%、連対率71.4%にもなります(2014年以降)。
 いけるでしょう!

 レッドアネロからの馬連を選択するとして、その相手からドナプリモを外せば、2点買いで5倍にすることはできそう。
 その相手候補が、⑩フルネスと⑫カグヤヒメ。
 フルネスはスピードはあるのですが、小柄であるゆえ、最後の持続力勝負になると劣ります。でも明日は雨(ですよね?)。ならスピードを持続できるはず。
 カグヤヒメは前走は嵌まった感じ強くて、そこまで信用してません。が、馬そのものは逞しくて上上にも見劣りません。人気馬が逃げる展開になって嵌まるかなぁ…。難しいところですが…。

 夜中1時現在のオッズだと、
 馬連⑨-⑩ 14.2倍
 馬連⑨-⑫ 10.5倍
 合成オッズ 6.0倍

 (ワイド⑨-⑩ 3.8倍 ヤスッ!)

 当日、このオッズを大きく下回らないようなら、これで勝負します。

 ただし!
 1番人気レッドアネロの締め切り1分前の単勝オッズが3.5倍以上となるようなら、たとえ馬連がもっと付きそうでも、この投票は中止します。

 そうなったときは、阪神9Rをターゲットとして、同じような考え方で買い目を組み立てていきたいと思います。

(奥野憲一)

奥野の百般予想 ~日本ダービー 規格外の…~

井上尚弥

引用元:スポーツ報知サイト

 「これ、八百長じゃないの!? じゃないにしても、かませ犬にもほどがある」と、言われて否定できないのが、井上尚哉のボクシング。ボクシングをあまり知らない人ならそう思いますよ。
 
 世界戦で1ラウンド1分52秒、TKO勝ち。
 
 ボクシングファンとして、先日のジェイミー・マクドネル(前チャンピオン)との試合をどう評価して飲み込めばいいのか…。
  
 エンジェルスの大谷選手もそうですが、いわゆる「規格外」のスポーツ選手というのは、何が違うのでしょうか。
 
 パンチもバッティングも、腕で打つわけではありません。腕はあくまでも作用点です。 支点が腰。力点が足(下肢)。腰を支点として、上体→腕に力を加えるのはすべて下肢です。で、もっと細かいことをいうと、腕というのは「上腕」や「前腕」というよりも、肩甲骨から手首までの部分をいいます。
 下肢から肩に力が伝わり、肩の(僧帽筋やそれに繋がる)筋肉をバネとして力を増幅させ、ボールや拳にそのエネルギーを伝えることで、ターゲットをより遠くへ飛ばすことができるわけです。
 下肢は、ふくらはぎから太ももからお尻からすべて。大殿筋とか下腿三頭筋とか半腱半膜様筋とかいわれるみたいですが、そこは置いときましょう。
 腰を鍛えなければならないのは、おそらく支点をブラさないようにするためでしょう。ここがぶれてしまっては、力を腕に正確に伝えることができなくなります。 

 井上選手も大谷選手も、それらのポテンシャルエネルギーが、普通のプロの何倍も大きく、さらに高い動体視力や運動神経があって、あのようなパフォーマンスを発揮できているのでしょう。
 多分そうだと思います。
 いまの井上選手なら、パウンドフォーパウンド1位のロマチェンコにも負けないと思ってます。

 ボクシングの有利性を測る尺度に腕の長さがあります。リーチといわれるものです。
 井上選手のリーチは171cm。身長の165cmに対して長いとは言っても、ジェイミー・マクドネル183cmと比較すると12cmも短い。でもその差を感じさせなかったのは、下半身の強さと、肩の柔らかさがあるからじゃないでしょうか。下半身でタメをつくって、腰がぐっと入って肩をとき放ったあとの拳は果たしてどこまで飛んでいってるのか。200cmぐらいに伸びててもおかしくないと思いますが…。そうじゃないと、最初にチャンピオンをグラつかせた左フックがあんな形でテンプルにヒットしない。
 おまけに拳が硬い…(らしい)。痛い!(らしい) そりゃ歴戦の王者でも泣きたくなるでしょうよ。

 腕の長さというものは、肩を含めて見ないと意味がありません。肩が硬ければいくら肩関節から下が長かったとしてもただ長いだけの棒です。
 競走馬の腕(脚)の長さも、物理的には長く見えても、肩が硬くて可動域が狭ければ、脚が短いのと同じです。
 肩を大きく振ることで、トモのパワーを増幅することができます。より前に飛び出すことができるわけです。(ダート馬の場合はまた見方が違ってきますが基本原理は同じ)
 桜花賞、オークスを制したアーモンドアイがまさにその理想形です。肩が柔らかくよく伸びるからこそ2400mにも対応できるわけですね。
 
 ちなみに、僕もトレーニングでボクシングをします。パンチがスカスカなんですが、それグローブのせいにしてます(笑)。腕結構太いですけど、四十肩で肩回りゴリゴリ(汗)。

 余談でした。
 さて今年の日本ダービー。あの馬は果たして規格外なのか…。それを打ち負かす馬は存在するのか…。
 
 それでは予想です。


【東京10R 日本ダービー】
ダービー馬柱

 ジェネラーレウーノのことをいろいろ調べていたら、2010年のダービー馬エイシンフラッシュを思い出す。間接的に社台グループと絡んでいることや、京成杯を勝って皐月賞3着。馬体重も490kg前後。
 パドックでは煩いのでメンコを装着。レースではそれを外してチークピースを装着。ややこしい馬だ。が、競走能力を最大限に発揮するための施策。そういう意味では、現状まだ力を発揮しきれていない。
 皐月賞は結果的に先行策が嵌まった感はある。しかし、良馬場換算では、へたしたら1000m通過が57秒台後半の超Hとなっていた可能性もあるなかで、3着に粘りこんだ体力は紛れもなくG1級。東京は直線が長いとはいっても、ダービーペースを考えると先行できたほうが間違いなく有利。
 大跳びながらも無駄なモーションがなく、しっかりと肩から着地する走り方が身についている。一切無駄がなくて、加速もスムーズ。これぞNF仕上げといった印象を持つ。右手前のほうがスムーズなので、左回りのほうが走りやすいはず。
 血統は、父スクリーンヒーローに母父ロックオブジブラルタル(デインヒル系)。近年のインブリードは、一昔前に流行った、なんちゃらの3×4のクロスとか、3×3のクロスといった形よりも、5代、4代にノーザンダンサーの血をいかにバランス良く詰め込めるかということが主流になっているように思う。Northern Dancer の5 x 5 x 5といったように。ちなみに、キタサンブラックは5 x 5 x 5。ドゥラメンテやラブリーデイも同じ。リアルスティールは5 x 4 x 5。ゴールドアクターは5 x 5 x 4。逆に、”G1を勝てなかった名馬”にはこれが無いか、あったとしても薄い。
 ジェネラーレウーノにおいては、Northern Dancerの5 x 5 x 5 x 5 x 5。父方に2つ、母方に3つ。片方だけのクロスではあまり意味が無い。バランスが良いかどうかは置いておいて、これだけ詰め込むのは非常に難しい。あのスタミナはそこから生み出されているのかもしれない。 
 
 グレイルは、Northern Dancerの5 x 5 x 5。父ハーツクライの母系と、母父ロックオブジブラルタルの系統とのクロスはかなりバランスが良い。
 皐月賞はプラスの見方をすると、理想的な競馬ができたのではないかと思う。ただ、直線でロスが多かったのも事実。ゴール前は失速したワグネリアンと何度もぶつかっていた。府中とはいえ、皐月賞で見せたような競馬をしていては勝ちきれない。直線は、内から中を付くイメージの位置取りが理想。そのあたりは、個人的に岩田騎手の腕を信用している。
 
 3番手はステイフーリッシュ
 まだ気難しいところを残しているものの、前走でみせた走りと馬体の質感は、間違いなく成長を示したものだった。ノーズバンドの効果もあって、先行してもしっかりと折り合いが付いていた。この競馬が常にできるようになれば、どこに出ても大負けすることはないだろう。今回は手が替わるが、癖のある馬を乗りこなす技術を持っている横山典騎手なら大丈夫だろう。
 
 エタリオウの前走はまあまあキツい競馬をさせている。出て行きにくい15番から中途半端に先行させて、勝負所では良いポジションを取り返すために強引に捲り気味に仕掛け脚を使っている。直線では、勝ち馬に併せに行くところもたついていた。ブリンカーを装着しているように、難しいところはあるのだろうけども…。
 スタイル的には2400mは問題がなく、むしろこれぐらいがもっとも競馬がしやすそう。勝ち切れていないもののデビュー当初から長いところを使われてきていて、元からダービーを目指していたことがうかがえる。

 ステルヴィオは、体調不良が囁かれているものの、追い切りの動きそのものは文句なしといえるもの。母ラルケットは1600mで活躍していて、父ロードカナロアも短距離からマイルで活躍したことから、なんとなく1600mがベストとおもってしまうが、アーモンドアイがそうだったように、昨今の日本競馬は見た目や字面で距離適性を判別しにくくなっている。重要なのは肩の可動域と前脚との連動。そして胴の長さと伸縮。後肢の蹴りはあくまでも動力。前肢は距離適性を決める。ステルヴィオの場合は、2400mがベストとは言わないが、持ちこたえられるだけの性能を持ち合わせている。少なくともエポカドーロよりも適性が高いとみている。

 エポカドーロは、皐月賞でみせた走りはまさに重馬場向き。現状、時計勝負の経験が無く、上がり3Fも33秒台を使った履歴がない。皐月賞勝ち馬だけに能力は認めるが、ここはやや適性から外れる。
 
 最後に、いろいろ気になるダノンプレミアム。4番手に評価を下げた。
 本来なら規格外とすべき馬。しかし、弥生賞後の過程があまり良くない。
 脚元の不具合で皐月賞を回避したのは仕方が無いことだが、外厩に出さずに厩舎で調整している。「ざ石」とはいっても競走馬において最も大事な脚元のことだし、そこから大病を引き起こす可能性もあるわけで、それを十分にケアできているかどうか、当日の状態をみてからでないと何とも言えない。

◎16番ジェネラーレウーノ
○13番グレイル
▲10番ステイフーリッシュ
注1番ダノンプレミアム
☆15番ステルヴィオ
△12番エポカドーロ
△14番エタリオウ
△8番ブラストワンピース
△6番ゴーフォザサミット
△5番キタノコマンドール


(奥野憲一)

奥野の百般予想 ~桜花賞 2強ムードほど信用できないものはない~

 2011年以降、2強対決といわれた牝馬限定のG1において、実際にその2頭のワンツーで決着したレースは、8レース中3レースだけ。

 2011年ヴィクトリアマイル アパパネとブエナビスタ
 2011年エリザベス女王杯 スノーフェアリーとアヴェンチュラ
 2016年オークス シンハライトとチェッキーノ

 多いと言えば多いかもしれないが、6割以上で、どちらか一方、あるいは、両方が連を外していることを考えると、少しぐらい疑ってかかってもいいと思う。

 ちなみに、牡馬を含めると、全部で22レースとなり、2016年の有馬記念(サトノダイヤモンドとキタサンブラック)と、2012年スプリンターズS(カレンチャンとロードカナロア)の2レースが増えるだけ。さらに率は低下する。

 (余談・2011年のオークスは、マルセリーナとホエールキャプチャの2強と言われ、どちらも連を外す。1着エリンコート、2着ピュアブリーゼで馬連42750円の大波乱決着となった)

 また、馬連配当は、1000円台後半から3000円台が最も多くなる。
 以下は、ラッキーライラック、アーモンドアイのどちらかを軸とした場合の買い目。

 [01]馬連 09-13 16.9倍
 [02]馬連 01-16 20.7倍
 [03]馬連 01-15 23.4倍
 [04]馬連 13-17 24.3倍
 [05]馬連 01-04 33.6倍
 [06]馬連 01-03 36.7倍
 [07]馬連 01-07 38.9倍
 ※前日21時56分現在のオッズ


【阪神11R 桜花賞の予想】
◎1番ラッキーライラック
○13番アーモンドアイ
▲16番フィニフティ
注10番アンヴァル
☆15番プリモシーン
△9番リリーノーブル
△3番リバティハイツ
△17番マウレア
 
 アーモンドアイは異例のシンザン記念から直行がどうでるか。気性はそんなに難しいタイプではないが、久々で、かつ、輸送があることを考えると、少しは懸念しておいた方がよさそう。シンザン記念では実際ゲートで煩かった。
 馬体のボリュームはアップしていそうでより一層力強さが出ている。馬体に関しては言うことなし。
 
 ラッキーライラックのスケールとバランスの良さが特に目につく。そういう意味ではアーモンドアイよりも上。スタートは上手いし、折り合いも付けやすいほう。前走は最後の直線で早々に抜け出した分、終いが甘くなっているが、目標が前にあれば、もっと時計が出ていたかもしれない。なにせ、平均ペースの中、テンであれだけ前に行っても上がり最速タイで走られたわけだから、対戦した馬たちの逆転は考えにくい。

 大穴はアンヴァル。前走の競馬を見れば、7割程度の力しか出せていない。3勝しているところも見逃してはいけない。1600M実績がないだけで、割り引く材料はない。

 マウレアは残念ながら17番のきつい枠を引いてしまった。理想的なマイラー体型で、スピード競馬につよい下河辺牧場産。条件は決して悪くないが、勝ち負けには加われずに3着までのパターン。
 
 リバティハイツは本当に走るのが上手い。2走前は不利を食らってしっかりと走り切れなかったが、次走の重賞で力を出し切り勝利。まともならそれぐらいの競馬ができてもおかしくない馬。今回は1ハロン長くなり、適性から少し外れてしまうが、マイルのペースが崩れれば、うまくかみ合う可能性もある。
  
 それよりもフィニフティ。目下リーディングトレーナーの藤原英昭調教師が管理する良血馬。前走はまだ競馬に慣れていない感じで、ふらふらしていた。それでも2着。その内容を考えれば、ここでも3,4番人気ぐらいに支持されてもいいほど。

 馬券は、アーモンドアイ取りこぼしを想定した組み方で。

TEXT 奥野憲一

奥野の百般予想 ~フラワーカップ(GⅢ)今年はまあまあ注目度が高いので~

【中山11R フラワーカップ(GⅢ)】
◎9番トーセンブレス
○4番ロックディスタウン
▲3番ノームコア
注10番カンタービレ
☆5番ノーブルカリナン

 トーセンブレスは気難しいところはありそうだが、さすがは良質のディープ産駒で、非常に良いつくりをしている。
 
 ロックディスタウンはもっと難しい馬。前走はルメール騎手が相当気を使って上手くコントロールできていたが、直線で伸びなかったのは、スタート後に少し力んだことと、不利な大外枠が影響したのかもしれない。体型的には1600Mは少し短い感じがする。2000Mぐらいが合っていそう。今回の距離延長はプラス。
 
 ノームコアは久々でも仕上げに難しそうなタイプではなさそう。キレ粘れるタイプなので、スローの中山はあっているはず。
 
 カンタービレは角居厩舎仕立てで、体躯の割には肉付きが良く、非常にパワフルに映る。競馬はまだ進展の余地を残しているが、脚力が凄いので、折り合いがつくようになれば、オープンでも十分戦える。
 
 ノーブルカリナンはまだよくわからないが、血統は良く、しっかりと動けているという意味では今回も注目すべき馬。ただし、距離が延びて良いタイプではない。

TEXT 奥野憲一

奥野の百般予想 ~フェブラリーS とこれから~

東京11R フェブラリーS
◎12番ノンコノユメ
○10番テイエムジンソク
▲2番ケイティブレイブ
注14番ゴールドリーム
☆16番サンライズノヴァ
△6番インカンテーション

 せっかくのGⅠなんだから、落ち着いて心を込めて予想したい!(すればいいじゃない…💦)

 単行本の発売日が近づいてきたから、記事をアップして目を引こうとしているわけではありませんので、誤解なさらぬようお願い申し上げます(笑)。

 その単行本の締切が近づいてきているのに、1日10頁を書くというノルマもクリアできない状況で、正直あせってます。もう慣れっこですが…。

 フェブラリーSの印はこれで。

 ノンコノユメは内田騎手。ダートだったらまだまだ安心して馬券の軸にできる騎手です。
 ノンコノユメ自身は、結構早い段階で完成さていましたが、上手く乗れなかったり条件が悪かったりで、力を発揮できませんでした。それを内田騎手がテン乗りにもかかわらず、この馬の力を最大限に引き出す騎乗をし復活させました。

 世界最強ジョッキーが手綱をとるゴールドドリームとまともに遣り合うと不利です。ゴールドドリームとの上がり勝負にもちこんでしまうと負けます。
 ゴールドドリームの4馬身ほど後方に待機して、脚を溜めずに単調ラップで先行勢が引っ張る流れに上手く乗せていけば、自然と前が垂れてくれて前を捕らえきることができるでしょう。
 ノーザンファームの鋭くキレる馬ばかりに乗っている騎手にはそういうイメージで競馬ができないでしょうから、内田騎手がいいんです。

 テイエムジンソクは小回りコースばかりで広い府中は初めてです。走法をかんがえれば、小回りよりコースも走りやすいはず。初めての1600Mでも嫌われる要素がほとんどありません。寧ろ距離短縮はプラス材料です。

 ケイティブレイブは、使い詰めが丁度いい。ずっと太目できています。

 サンライズノヴァは、脚元に疲労を残しやすいタイプかもしれません。前走の重馬場での激走が悪いほうに出る可能性はあります。

---

 今後は(できるだけ)毎週ブログを更新していきます!

 (奥野)


奥野の百般予想 ~エリザベス女王杯 ここでようやくパワー全開!~



12月8日に発売が決定しました!

【京都11R エリザベス女王杯】
◎5番モズカッチャン
○7番クイーンズリング
▲6番リスグラシュー
注16番ヴィブロス
☆12番スマートレイアー
△17番ルージュバック
△11番ディアドラ

 モズカッチャンあたりは、前走は馬場が悪かった割には忙しい競馬になってしまって、しかも距離が足りなかった分、最後までのびのびとした走りができなかった。なんとなくもう一段ギアを上げる暇がなかったような気がする。それでいて3着は立派。今回のほうが条件が良いのは間違いなく、枠順にも恵まれ、鞍上も狙ったポジションを確保できそうだ。
 小回りの2000mとなると、機動力に長けたタイプのほうが有利。秋華賞はディアドラの舞台だったという事。
 リスグラシューは地力の高さはもちろんだが、武豊騎手のファインプレーが光った。
 リスグラシューは、まだ自分の全力を発揮できていない気がする。馬体から距離適性をはかると2000mもいいが少し短い。2200mぐらいが良いのだろう。同厩舎のリアルスティールもそうだが、不思議なことに非根幹距離に適性がはまってしまう。こちらは1800mではないので、やはり2200m。
 
 ヴィブロスは実績上は本命視すべき馬。デキはもちろんよいはずで、ローテも申し分なし。とはいえ、府中牝馬Sからというのは、少々楽しすぎのような気がする。
 
 昨年の覇者クイーンズリングは今回は久々に手が替わり、C.デムーロ騎手の代打。調教では折り合い抜群で、別馬を見ているような感覚に陥った。今回は坂路では軽目でしかやっていない。それが良い意味で走りに現れているのかもしれない。よりリラックスして臨めるはず。
 
 スマートレイヤーは昨年は不完全燃焼。現状でこれぐらいの距離が合っているはずなのだが、そのたびに乗り替わるので、鞍上が能力を引き出せず仕舞い。今回は武豊騎手が騎乗して、と思っていたが、怪我で騎乗を取りやめ。川田騎手に変更となった。その時点で大幅割引。今年こそ期待していただけに非常に残念だ。
 
 ルージュバックは牡馬を相手にG2を2勝しているのに無冠。どうやったら勝てるのか。戸崎騎手でもC.ルメール騎手でもダメなら、ムーア騎手ということか。しかし今回の枠順はいただけない。
 
奥野 憲一

奥野の百般予想 ~天皇賞(秋)の予想 単行本の発売まで1カ月を切ったから…~

 単行本の発売が決定しました。
 
全重賞&全コース別1番人気鉄板全書
 飽きずの懲りずで「1番人気について書いた本」です。



 でもすいません…。発売日はちょっと伏せておいてください(汗)。理由は言えません…。

 さて、天皇賞(秋)。
 また雨で道悪で、ずーっと予想がしんどい。
 でも当てなければ!
 
 前日段階での1番人気は、なんとキタサンブラックで3.1倍のまともな支持を得ておられます。
 サトノクラウンは、「1回遅かった早かった」のタイプのような気がします。要するに、勝ってないときに来て、後追いで買ったら来ないタイプ。
 G1で2年連続ケツに近い二けた着順の馬が3度目の挑戦で優勝したことってあるんでしょうか?
 そういった実績も含めて考えれば、キタサンブラックの1番人気は妥当かもしれません。

 では予想です。

【天皇賞(秋)の予想】
◎2番サトノクラウン
○15番マカヒキ
▲8番レインボーライン
注9番ソウルスターリング
△16番カデナ
△10番ミッキーロケット
△7番キタサンブラック

 スピードはないけど体力勝負なら負けないよ、という馬が台頭してくる状況になると、先週の菊花賞のように「その組み合わせは買いにくい」という結果になりがち。なので、それを想定して、「普通なら買いにくい買い目」をわざと作って遊ぶのもありなんじゃないの?と。
 小柄で器用なタイプのほうが大型でどしどし走るタイプよりも道悪の好走率が少しだけ高い。あくまでも持論だが、道悪になれば比較的小柄なタイプを持ち上げるようにしている。レインボーラインのような…。
 
 カデナも道悪で買いたくなるタイプ。馬主は菊花賞2着したクリンチャーの前田幸治氏。
 レインボーラインとカデナの組み合わせは「ないわー」(笑)。
 
 道悪となると買わざるを得ないのがサトノクラウンとM.デムーロ騎手。どちらも道悪の鬼。道悪の申し子。好枠を引き当てたのもデカい。

 キタサンブラックは決して道悪が下手というわけではないが、跳びが大きいので、グリップ力が低下しノメりやすくなる。
 
 ソウルスターリングは今回の追い切りは非常に良くなっていた。折り合いはばっちり。前走は右片側チークピースで逃げる競馬。オークスが外にモタレテモタレテの競馬だったので、左回りの走りを矯正することを目的としたのだろう。あくまでも調教の延長だったので、結果は無視してもいい。54Kという斤量は得で、前に行ける脚も有効となるはず。
 
 ミッキーロケットのような、1800mは短く2400mは少し長く、日本の高速馬場が合わないタイプは、この距離の重馬場はあっているかもしれない。
 レインボーラインとミッキーロケットの組み合わせも…「ないわー」。
 
 マカヒキは全然悪いところが無いと思うのだが…。前走は内田騎手のテン乗りだったことと、距離が難しい1800mだったことで、着順は良くなかったが、道中は気を抜かずにラストまで走り切った点においては褒められる内容だったように思う。大阪杯は大外枠ということと、不慣れな小回りコースだったことが敗因。今の形なら重馬場でも走れるとみている。
 
 サトノクラウンとマカヒキの組み合わせ…。普通に"ある"でしょ…。

奥野の百般予想 ~気合いの日本ダービー予想~

 今年はーーー

馬トクPOG2017表紙
http://amzn.asia/6kE8Frf
これ、そう、この馬トクPOGの編集のお陰で、”予想業務”をほとんど愉しむことができませんでした。
が、手前味噌ですけど、まあまあ良い本ができて満足しています。牧場関係者、愛馬会各社、報知新聞社メディア局、同レース部の皆さま、多くのカメラマンさん、DTP屋さん、JRDBスタッフのお陰です!!
 読者の皆様には、いつもご愛顧いただき、このPOG本もお買い上げいただき、誠にありがとうございます。

 まだまだPOGに関わる製作は続きますが、とりあえず、今日はそれをちょっと忘れて…。
 今年の区切りとして、ダービー予想だけは時間をかけて行いたいと思います。

ーーー

【東京10R 日本ダービーの予想】

その前に、ストライド競馬新聞安井代表に替わって少しコンテンツのご紹介を。

ストライド競馬新聞のコンテンツにこのようなものがあります。

ストライドコラム_前走不利タイトル

これは、ストライド競馬新聞の主要データである「トラックバイアスデータ」と「走行状態データ」から、近走ちゃんと競馬ができていない馬を拾い上げ人気がない馬をピックアップした、いわば、「お宝馬発見コラム」です。

これが良く来ているのに、安井代表が宣伝してくれないから(笑)、私が彼に替わって厚かましく宣伝します!
以下は、今日の結果。
ストライドコラム_前走不利内容


どうですか!?
ちょうどコラムの東京と京都を跨ぐ部分なんですが、ここだけでもよく来てるでしょ?
今日たまたま良く来たから宣伝しているわけではないですよ(笑)

馬券に絡む力はあるのに、馬券に絡めなかった馬。あるいは凡走した馬。そこに妙味があるのです!!(語るほどの事ではないけれど)
こういう、どこにも無いデータを一杯作っている「ストライド競馬新聞&展開予想」をよろしくお願いします!
(秋からはまた別のデータを提供する予定)

 さて、これを踏まえ、今年の日本ダービーの予想をご覧ください。

ーーー


 先の皐月賞は、中山コース特有の荒れ方で100万馬券の大波乱決着となった。”展開の綾”というのか、上手く行った行かなかったの差が大きかったことは間違いない。
 出遅れた馬、不器用でごちゃついた最終コーナーでうまく立ち回れなかった馬が、結果として力を出し切れなかった。
 
 皐月賞で1番人気に支持されたのは、唯一牝馬で参戦したファンディーナだった。結果は7着。タイム差はわずかも内容的には完敗。これが現状の牝馬と牡馬の差と言って良い。
 
 今年の牡馬は総じて質が高く目移りしてしまう。今年のダービーにおいては、どのうまも、マイル~中距離路線なら古馬G1でも勝ち負けしてしまうのでは、と思わされるほどだ。
 
 プリンシパルSをレースレコードで制したダイワキャグニーにしても、どこまで伸びる?のっていう感じで、追えば追うだけ伸びて楽勝。スタートダッシュつかず、道中引っ掛かっては終始ちぐはぐな競馬で敗戦した弥生賞とは全然レベルが違った。かなり力を使ている。セレクトセールで1億円以上もしただけのことはある。それだけ質が高い。
 プリンシパルSのレース内容をおさらいする。

 ダイワキャグニー プリンシパルS
 ◇ストライド指数71
 ◇4角位置取り優劣×
 ◇直線バイアス優劣× 



 当日の馬場は、4コーナーから直線がホゲてボコボコの状態。理解できていた騎手は、ラチ沿いを避けて走らせていた。同週のNHKマイルCを制したアエロリットも、先行しているのにラチ沿いを走らさずに馬場の4~5分どころを目指した乗り方をしていた。
 それを知ってか知らずか、ダイワキャグニーの鞍上は、(敢えて?)終始馬場の悪いところ走らせ、逃げ馬を交わすまでガンガンに追った。ラストは50Mは流し気味でも、ルーラーシップが打ち立てた当時の好タイム1分59秒1を0.8秒も上回る時計で走破。ペースの違いはあるにせよ、それぞれの馬場差を考えると、この時計は非常に立派で高く評価すべき。皐月賞に出られていたら…。

 皐月賞上位組―今年に限ってはどこまでを上位とするかはという問題もあるが―は、どれも質が相当高い。
 
 アルアイン 皐月賞
 ◇ストライド指数74
 ◇4角位置取り優劣…
 ◇直線バイアス優劣×


 勝負所で前をややカット気味に入られ、直線にむいてはクリンチャーに寄られるなど、決してスムーズではなかった。かなり無茶な競馬をしているが、さすが世界のノーザンファーム×サンデーレーシング×池江厩舎だ。運動神経が凄すぎる。
 ディープインパクトにしてもオルフェーヴルにしても、典型的な長距離体型ではなかった。それでもダービーや菊花賞では長距離適性が高いと思われた馬たち圧倒した。アルアインにしても、もしかするとそういうタイプなのかもしれない。
 
 同厩舎で皐月賞2着だったペルシアンナイトは置いおいて…。
 
 ダンビュライト 皐月賞
 ◇ストライド指数74
 ◇4角位置取り優劣〇
 ◇直線バイアス優劣…

 3着ダンビュライトもまた抜群の競馬センスをもった中距離馬。皐月賞は勝負所で外々を回らされた。これはもちろん名手武豊のテクニックともいえる。ここにいないと掲示板にすら載れないという計算のもと少し無理して出していっている。それに対応できる馬もすごい。勝ち切れないが負けない走りができるのがこの馬の長所といっていい。こちらもアルアインと同じノーザンファーム生産のサンデーレーシングの馬。
 
 スワーヴリチャード 皐月賞
 ◇ストライド指数71
 ◇4角位置取り優劣〇
 ◇直線バイアス優劣…
 ◇前半掛かる、4角前壁


 2番人気に支持されて6着に敗れたスワーヴリチャードもノーザンファーム生産馬。共同通信杯で見せた加速力を発揮することができなかった。スタートはマシになったが、やや不器用。右回りは本当にダメなのかもしれない。手前をちゃんと替えられていない。まともに走れば、加速力で他を凌ぐ高性能エンジンを搭載しているだけに、先行全馬を一蹴してしまうことは不可能ではないはず。スムーズに立ち回れるかだけ。
 
 カデナ 皐月賞
 ◇ストライド指数70
 ◇4角位置取り優劣〇
 ◇直線バイアス優劣…
 ◇出遅れ、4角リズム悪い


 弥生賞勝ち馬のカデナはグランド牧場生産のディープ産駒。体が柔らかいため前後躯に伸びがあり距離が伸びても対応できるスタイルをしている。前走はゲート両隣が遅れたせいで同馬もタイミングが合わず後方からの競馬になったのが痛かった。4コーナーも上手く立ち回れずロスが発生。そんな競馬で勝ち馬からたった0.5秒差。ある意味立派。
 府中は昨年11月に経験済み。当時は完成度の差でアドマイヤミヤビに敗れたが、今の完成度ならもっと高いパフォーマンスを発揮できるだろう。
 
 レイデオロ 皐月賞
 ◇ストライド指数71
 ◇4角位置取り優劣〇
 ◇直線バイアス優劣〇
 ◇出遅れ


 次はレイデオロ。きれいな馬。さすがは名門藤沢和厩舎の管理馬。名牝ウインドインハーヘアの血を持つだけのことはある。皐月賞では最後方からだとさすがにあれが限界。府中でも大外を回していては間に合わない。脚質的に損な立場であることは確か。
 
 ウインブライト 皐月賞
 ◇ストライド指数74
 ◇4角位置取り優劣…
 ◇直線バイアス優劣×
 ◇出遅れ

 皐月賞は8枠17番と非常に不利な枠から。出遅れて後方から終始心許ない位置取り。それでも最後はしっかり伸びて勝ち馬からたった0.5秒差にまとめた。レイデオロよりも高い指数がでているのには頷ける。もっとも、今回も良い枠とは言えない。運が良ければの押さえ。
  
 アドミラブル 青葉賞
 ◇ストライド指数69
 ◇4角位置取り優劣〇
 ◇直線バイアス優劣…
 ◇出遅れ

 さて、青葉賞を圧勝して駒を進めてきた1番人気アドミラブルの評価。24年前までさかのぼっても、青葉賞勝ち馬は1度もダービーで1番人気に支持されたことが無い。そもそも青葉賞組から勝ち馬でも出ていない。
 ストライド指数は70に届かなかった。G2とG1の差があれど、見た目ほどレベルの高い走りではなかったということか。
 見た目上の距離適性はおそらくナンバーワン。しかし前走の競馬はやりすぎた感がある。皐月賞2着のペルシアンナイトしかり、M.デムーロ騎手は勝たせたい時はああいう極端な競馬をすることがある。
 M.デムーロ騎手をディスるわけではないが、M.デムーロ騎手が前走(重賞限定)騎乗し、馬券に絡んだ馬の次走の成績を調べてみると…
 2012年以降45件あり、1着5回、2着6回、3着5回。勝率11.1%にしかならない。
 ちなみに、近走もM.デムーロ騎手が騎乗したときの成績は…
 21件中、1着3回、2着3回、3着2回。勝率14.3%。3勝のうち2勝は皐月賞とダービー(ドゥラメンテ)で1勝が桜花賞(ジュエラー)。それぞれ、レース後に骨折している。

 というデータはあるものの、1番人気信頼度はAA、妙味度はSが出力された。前走の強引な競馬で疲れが尾を引いてなければ…。当日のパドック情報で決定したい。




◎7番アルアイン
○4番スワーヴリチャード
▲1番ダンビュライト
注15番ダイワキャグニー
☆13番カデナ
△17番ウインブライト
△12番レイデオロ
?18番アドミラブル

グランプリ

さあ来週から新馬戦がスタートしますよ~!!エントリーがまだの方はお早めに!!
https://umatoku.hochi.co.jp/pog


奥野憲一

奥野の百般予想 ~馬トクPOGグランプリ エントリー受付開始!~

a


スポーツ報知主催
馬トクPOGグランプリ
エントリーの受付を開始しました!

ご登録はこちらから
https://devumatoku.hochi.co.jp/

ーーーーーーーーーーーーーー

【東京11R オークス予想(GⅠ)】
◎3番フローレスマジック
○2番ソウルスターリング
▲14番リスグラシュー
注16番アドマイヤミヤビ
☆7番ディアドラ
△10番ブラックスビーチ
▽13番レーヌミノル

 まだ一度もパーフェクトといえる競馬ができていないフローレスマジック。まだまだ成長の余地がある。特にフィジカルにおいて。相対的にみて、レーヌミノルを100とするとフローレスマジックは70ぐらい。そんなイメージ。
 今回も短ローテにも拘わらず中間はノーザンファーム天栄に出して調整。もう一段良化させてきたと想像される。
 前走はゴール前ではモズカッチャンを交わせず、後ろからヤマカツグレースに差されて3着。良い内容とは言えない。が、当日のあのデキで、不利な枠から掛かり気味に先行させて、かつ、直線は伸びにくい場所を走らせてのこの結果だから、むしろ高く評価したい。
 距離延長はプラス。この枠順も言うことなし。鞍上もこれで3走目の戸崎騎手。狙った騎乗をしてくると期待している。
 
 対抗はソウルスターリング。絶好の枠を引き当てた。C.ルメール騎手にとっては、前走週のアドマイヤリードのイメージがあるから非常に乗りやすくなるだろう。
 同馬の長所はなんといっても立ち回りの上手さ。枠順・展開不問。どこにいても楽に同じような競馬ができる。前走はデリケートなところがでたのか、初めての馬場状態に戸惑ったような走りをしていた。道悪適性が低いという事はないとおもう。持ち前の瞬発力を引き出せずに戸惑ったところはあっただろう。
 距離延長は歓迎される。乗り込み量も十分。ここはメイチで獲りに来たと判断して良さそう。

 リスグラシューにとって距離延長は大きな加点要素ではないが1600mよりは良い。前走で入れ込んでいたのが少々気になる。外厩に出さずにトレセンで調整されたことが多少影響したかもしれない。今回は中間はノーザンファームしがらきに出された。その効果で、穏やかさを取り戻し、体もいくぶんかふっくらさせてくることだろう。
 
 桜花賞で期待されて凡走したアドマイヤミヤビの評価をどうするか。枠は良いとは言えない。馬っぷり、運動神経の良さでは一二を争うぐらい素晴らしいものを持っている。距離も問題なし。この枠からどういった競馬をしてくるのか。大外をぶん回す競馬だけは避けてほしい。

 時計が速い、時計勝負に必要な勝ち気な気性をもったブラックスビーチ、ディアドラらも押さえておきたい。

 レーヌミノルはマイラー色が濃い。しかも時計勝負になると脆い。


奥野憲一

奥野の百般予想 ヴィクトリアマイル ~ただの宣伝ではありません(笑)~

【東京11R ヴィクトリアマイルの予想】

 予想に入る前に…。

 このたび私が編集長を務めました「スポーツ報知の馬トクPOG2017-2018」は絶賛発売中!まだお買い求めいただいていない方はぜひ!馬トクPOGグランプリもやります!グランプリで総額330万円の豪華賞品をゲットするためには馬トクPOGがあったほうがいいと思いますよ~(笑)

POGグランプリPR2(RGB)

330

http://umatoku.hochi.co.jp/
↑まもなく、馬トクPOGグランプリのエントリーがスタートします!!

大会だけではなくて、POGの馬を選ぶためのツールも充実してますよ~!いま頑張って開発してます(笑)
ご期待ください!!


 さて、ヴィクトリアマイルの予想。
 
 今年は一強ムード。牝馬限定戦でいまだ馬券圏を外していないミッキークイーンからどういう組み立てをすればよいか、ということになりそう。アタマ鉄板になるほどの強度はなさそうだが…。
 ちなみに1番人気信頼度は(中の下)です。 

 昨年秋にミッキークイーンを下してG1馬となったクイーンズリングは、前走は珍しくテンションが高かった。体は大きく増えていたものの、太目が残っている感じはなかった。フケではなかったとおもう。もともと気難しいタイプだがテンションが高いときはまず走らない。休み明け初戦でこういうパターンは珍しい。その点が少し気がかり。気にしすぎか…。3歳秋以降、連続して凡走したことがない(2走前の香港遠征を除く)。休み明けで凡走すれば、次走では好走する、そういうパターンだとすれば、今回は好走する番。底力だけを切り取ればミッキークイーンよりも上の評価。

 ルージュバックは前走は直線でロスが多い競馬となり力を発揮できず終い。フラストレーションが溜まったことだろう。ヤマカツエースは強かったのは分かるが、その他に負けるような馬ではない。1600m戦だと今回のメンツではさすがに先行できない。どういった位置取りになるか…。大外ぶん回しは芸がなく、戸崎騎手はそんな乗り方はしない。どういう位置からどういう乗り方をしてどこを走れば最も効率が良いかを熟知しているはず。あとはそのイメージで運べるかどうかだけ。昨年の同レース以降、G1勝ちがなく寂しい1年を過ごしきた。ここは何としても獲りたいところ。
 
 ようやく軌道に乗ってきたのがジュールポレール。マイルCS勝ち、皐月賞2着馬サダムパテックの半妹。レースセンスが優れている点では兄に勝るとも劣らない。前走は直線で抜け出しかけて止めてしまったようで、ゴール前ではまた差し替えす勝負根性を見せた。

 ウキヨノカゼは、歩様の悪さは相変わらずだが、気性が良くなったおかげか距離に融通が利くようになった。先週のNHKマイルCを制した菊沢隆徳厩舎と人気薄で2着に導いた吉田隼騎手とのコンビだから贔屓目に見ているわけではなく、純粋に今回は勝ち負けできる舞台だとみている。
 
 より短距離馬っぽくなってきた印象のレッツゴードンキは、現状は府中の1600mでは少々手を出しずらい。

 アドマイヤリードが来てしまうともう面白くなくなる。もっとも、特殊な条件でこそのタイプで、決め手勝負になるとG1では荷が重い。
 
☆推奨激走馬☆
8番クイーンズリング
─────
◎7番ルージュバック
○11番ミッキークイーン
▲8番クイーンズリング
注3番ジュールポレール
☆12番ウキヨノカゼ
△5番アドマイヤリード
▽14番レッツゴードンキ


http://amzn.asia/6kE8Frf
 馬トクPOG2017表紙

http://amzn.asia/6kE8Frf
↑本ももうちょい売ってます!売り切れても知らん!(笑)

奥野 憲一

奥野の百般予想 ~残り3つ! まずは阪神カップ~

【阪神カップ】
◎5番ダンスディレクター
○6番イスラボニータ
▲16番グランシルク
注8番ミッキーアイル
△11番トウショウドラフタ
△3番ロサギガンティア

定量戦。マイルCSを勝っても斤量が重くならず出走しやすくなるということで、力のある馬たちは安心してここを目指すことができる。逆に言えば、そういう設定でなければ、マイル王者は目指すところがなくなる。香港という選択肢はあるにせよ…。

ミッキーアイルは地力上位の上、精神面が成長して、力をフルに発揮できるようになった。安定して好走できているのはそのせいだろう。これが差し馬なら扱いにくいままだが、同馬は逃げ先行馬。そこがまた大きい。
阪神1400mは難しい条件。このトリッキーコースこその馬たちが最大の目標としてきっちりと仕上げてくる。そういう状況で勝ち切るには、馬場状態の助けも必要になってくる。今の馬場は、内が荒れ気味で、馬場の中から外め、差し馬が有利な状況。ミッキーにとっては望ましくない状況だ。

そこで今回注目したいのがダンスディレクター。鞍上はテン乗りとなる武豊騎手。春に順調さを欠き、秋初戦から上手く賞金を獲得できなかったが、デキは使いつつ良くなってきている。ここ3戦は負けて強しの内容で、状況が向く今回はこれまでの鬱憤を晴らす時だとみている。

 マイルCS2着だったイスラボニータは初の1400m戦。持続力があるので、瞬発力勝負になりやすいマイル戦よりも競馬がしやすいかもしれない。今の時計がかかる馬場もあっている。

 シュウジも1400mまで対応可能だがやはり1200mがベスト。ここに入ると割引かざるを得ない。

 昨年の覇者ロサギガンティアは厩舎のムードも良く、この馬自身も結果が出ていないだけでデキ自体は悪くない。ここに合わせて調整されているならもちろん買い。しかし、今回はローテに不安を覚える。

 フィエロは落ち目で今回も印を回しにくい。
 ならグランシルクのように、4歳で勢いがついている馬を押すべきだと考える。

奥野憲一

奥野の百般予想 ~ジャパンCはNSNのSYS!!~

【東京11R ジャパンカップ】
◎17番シュヴァルグラン (14.6倍⑦) ノーザンファーム 佐々木主浩氏
○12番サウンズオブアース(12.6倍⑤) 社台ファーム 吉田照哉氏
▲11番フェイムゲーム  (97.5倍⑯) ノーザンファーム サンデーレーシング
注1番キタサンブラック
△16番リアルスティール
△9番ディーマジェスティ
△14番レインボーライン

 シュヴァルグランは大外枠が嫌われてか非常に売れが甘い。いや、追い切りがパッとしなかったからか…。
 前走は少しお釣りがあるかなぁといった程度で、かなりデキは良かった。初めての関東輸送にも拘わらず落ち着きもあった。初めての左回りもどうかと多少気にしながら本命視したが、なんてことはなかった。あの走り方からするとむしろ左回りのほうがあっている。充実の4歳秋。小回りも苦にしないことからも、もしかすると有馬記念までもっていってしまうかもしれない。

 サウンズオブアースの前走はあきらかに本番に向けてのデモンストレーション。シャドーロール無しのリングハミはデビュー以来初めての構成。後方で折合えるか、溜める競馬でどこまで伸びるかを再確認。中間の調教はいつもどおり、1週前に叩き一杯、当週は折り合い重視、長めを最後までしっかりと脚を伸ばすことを意識した内容。悪くない。
 昨年は久々の左回りの影響が出たようで、直線は終始外にモタれていた。3コーナーから4コーナーで、ずっと外を回らされたロスも最後の脚を鈍らせた。
 鞍上は引き続きM.デムーロ騎手。今期重賞成績は、勝率22.8%、馬券圏内率50%と驚異の成績。回収率は単複ともに100%を超えている。実に頼もしい。

 フェイムゲームはまだ6歳。そもそも目立つタイプではないし、強いか弱いかの比較をすれば、強いとはいえない。が、体力上位は認めてたあげたい。今回こそ状況は向く。

 今回R.ムーア騎手が手綱を取るのがリアルスティール。ドバイデューティフリー以来。こちらはスローになれば…という条件付き。パフォーマンスをフルに発揮できる条件は芝1800~2000m。2400mの消耗戦になると分が悪い。

 他、ディーマジェスティはセントライト記念時にみられた骨瘤の影響がどうか。不安がある以上は強く押せない。

 ノーマークだった有馬記念を勝ってから常に注目されるようになったゴールドアクターは、まだ気の悪さを矯正できていない。それでも勝てているから気にしないほうがいいのかもしれないが、G1となるとまた話は別。

 キタサンブラックは今回も1番人気。前走は7割程度のデキで完勝。強い。並んだらぬかせない勝負根性が凄い。この馬を負かすにはどうすればいいのか…。末脚を鈍らせる、馬場が荒れたところを走らせるしかなさそう。そういう意味でも、鞍上がどういった競馬をしてくるかが見もの。

 3連複やワイドで売れやすいレインボーラインは、金メダルを取れないところもまた父ステイゴールド譲り。姉のアニメイトバイオも同様のタイプだった。気で走るタイプだからピークが短い。

奥野憲一

奥野の百般予想 ~マイルCS~

【京都11R マイルCS】
◎8番イスラボニータ
○10番マジックタイム
▲1番ディサイファ
注5番ヤングマンパワー
☆14番クラレント
△16番ミッキーアイル
▽2番サトノアラジン
 
 逃げるであろうミッキーアイルが3、4番人気。今回は浜中俊騎手に手が戻り、どういった競馬をしてくるか…。
 
 純粋なマイルの流れになればイスラボニータが安定した走りをみせる。2年間勝てていないのは誰のせい?前走はラッキーな乗替で好走。展開や斤量の差があってヤングマンパワーを捉えることができなかったのは残念だが、2年ぶりの連対を果たした。引き続きC.ルメール騎手が手綱を取る。今回は2年ぶりの勝利を見てみたい。

 マジックタイムは長めの距離を走らされた前走は太目残りだったにもかかわらず、しっかりと駆け抜けて2着を確保。相変わらず追い切りは良く見せない。それでもレースにいったら走りっぷりが一変し、しっかりと手前を替えて、速い回転で掻き掻き伸びてくる。どの位置からでも競馬ができるのも強み。

 サトノアラジンは今期1400mのG2を2勝。勢いづいて、世間もこの馬が1着になる確率が最も高いと評価している。しかしマイル重賞が勝てない。誤魔化しがきかない1600m戦では、質的に一枚落ちることを表している。今年はモーリスが不在。とはいえ、1600~2000mの重賞で連対してきた馬が多数参戦してきた。ここに入るとどうしても見劣る。

 ロードクエストが好走するには展開の助けが必要になる。前走はドスローの上がり勝負になったので度外視していいものの、ああいう競馬になっては手も足も出ないことも事実。さすがにマイルCSはある程度流れるだろうから、前走のような結果にはならないとは思うが、どちらにせよ相手より後に動かざるをえない立場では勝ち切るのは難しい。

 見直したいのがディサイファ。個人的にこの馬は四位騎手のほうが手が合っているとおもっている。キレないが長く良い脚を使うタイプ。直線よーいどんの競馬では出番なしでも、ミドルペースでじわじわ番手を上げていくことができれば粘りこんでの2、3着は十分あり得る。枠も言うことなし。

 クラレントはここ2戦は適性外のレースに参戦して負けているが、デキ自体落ちた感じがしない。今週は僚馬レッドアリオンとの併馬。時計がかかる遅い時間帯に馬場入りし、馬ナリに近い内容。それでも全体が52秒、ラスト13.2秒にまとめている。追えばもっと時計がでたはずだ。手替わりも魅力。

 ヤングマンパワーはまさかここまで強くなるとは想像もしていなかった。マイル戦3連勝中。走行時のアタマが高くてシャドーロールを装着してもまだ高い。さらに舌を縛って結果が安定。もう一段ノビシロを残している感じもする。もちろん不安もある。「気難しい馬への初騎乗」。手が合い当日落ち着いているようなら。

(奥野憲一)

奥野の百般予想 ~エリザベス女王杯 Queens are trumps(切り札はクイーンズ?)~

【京都11R エリザベス女王杯】
◎3番クイーンズリング
○2番マリアライト
▲4番ヒルノマテーラ
注5番メイショウマンボ
☆7番マキシマムドパリ
△1番ミッキークイーン

 実績を考えればマリアライトにミッキークイーン、ということになる。馬柱の過去走をみれば誰でもわかること。
 マリアライトは牡馬古馬相手にG1勝利。小さいディープ産駒だが胴が厚いスタミナ型。タフな状況でこそ真価を発揮するタイプ。前走のオールカマーは、斤量背負いで上がりの競馬になってしまった。パターンは昨年と全く同じ。問題ないだろう。しかし切れる脚がないというのも事実。スローの上がり勝負になったとき、内に押し込まれて出られなくなれば馬券圏内すら危うくなる。
 ミッキークイーンはマイラーディープで、2200mなら対応可能といった風貌。球節の捻挫で京都大賞典を回避してぶっつけ本番となる。そこがどうしても気になる。

 本命はクイーンズリング。昨年との違いといえば、体の芯がしっかり強くなったこともあるのだろうけど、一番の変化はなんと言っても気性の成長だろう。3歳時もそうだった。のんびりしているときは好走するが、カリカリし出すと絶対に走らない。3歳秋になって精神面がだいぶ成長し常に力を出せるようになっている。
 極端に速い馬場にならなければ、上がり勝負にも対応できる。というよい、そうなった。前走で、きっちり折り合って先行し、最後まで脚が鈍らなかったことがそれを証明している。

 マキシマムドパリは弱くはないんだけど…。相手なりにしか走れないのだろう。G1で勝ち負けできるほどの力はないとはおもうが3着争いに加われるだけの力はあるとみている。

 ヒルノマテーラは前走がまさかの大外一気の差し切り勝ち。いろんなパターンで競馬ができるのが強みだが、最近は溜めたほうが切れるし、長く良い脚を使えるという意味では、京都のこのコースは特にあっているのだろう。

 メイショウマンボは本気で走ってない分体は常にフレッシュ。今回リングハミに替えてくるのか?追い切りでリングハミを装着していたということはそういうことだろう。この中間は坂路調教も多めに取り入れている。本気を出してほしいという陣営の願いが随所にみられる。

 タッチングスピーチは3歳秋に頑張りすぎたことと、今年の京都記念での好走によって、いろんなところに不具合がでてしまったようだ。

 シュンドルボンもあまり成長感がなくて昨年の今頃が一番良かった。当日変わってきているようなら。

奥野憲一

奥野の百般予想 ~アルゼンチン共和国杯・みやこS~

【東京11R アルゼンチン共和国杯】
◎11番シュヴァルグラン
○5番アルバート
▲12番レコンダイト
注8番フェイムゲーム
△1番モンドインテロ

 アルバートはアドマイヤドン産駒。流行りのディープやキンカメとは全く質が異なり、それらが苦手とする状況を好む。府中の直線競馬はどちらかといえば苦手。それでも終いは安定しているので馬券圏内あるかないかぐらいのところにはいるだろう。

 フェイムゲームは宝塚記念時は腰が決まってなくヨタヨタしていた。この中間NF天栄にだしてどこまで状態を戻してこられたか。どちらにしても悪くなっていることはないはず。

 モンドインテロは割と反応が良いタイプで、反応が良すぎて溜が利かないのがネック。府中よりも中山向きだろう。
 
 シュヴァルグランは脚長で窮屈なところがある。よって阪神内回りの中距離戦はピッタリ条件ではない。今回は初の輸送競馬と左回りがどうか、というだけで、条件は悪くない。

 レコンダイトは昨年の同レースでは惨敗を喫しているものの、条件的には一番合っていると思う。前走は良くできていたが、難しい府中の2000mでやや力のいるマイル質の競馬になってしまってはどうしようもない。


【京都11R みやこS】
◎9番アポロケンタッキー
○11番アスカノロマン
▲3番モンドクラッセ
注16番タムロミラクル
△14番マイネルクロップ
△4番カゼノコ

 アスカノロマンがどうかというところで、斤量の58kgがどうこうよりも、中身がしっかりつ作られているのかが重要で、そこ点に関しては問題がないとみている。距離は1600mがベストとみるが、今回の斤量差がある状況では1800mのほうが競馬はやすいだろう。しかし、総合的に評価すると、他馬に付け入るスキがあるというのも事実。
 アポロケンタッキーあたりは前走は歯がゆい競馬で力を出し切れなかった。余力がありそう。馬体構造上は適距離。展開も向くはず。

 モンドクラッセはもうアスカノロマンに潰される形になるかならないかだけ。鞍上が鞍上だけに、強引な競馬で押し切ろうとすると直線で失速するだろう。

 ロワジャルダンは成長なし。上昇中のタムロミラクルをとったほうが利益はでそう。
 キョウエイギアも前走は馬っぷりからしてパッとしなかった。そもそも今年の3歳ダート組はみなそんな感じで頼りない。
 ラニもこのコースではないだろう。


奥野憲一

奥野の百般予想 ~スワンS~

【京都11R スワンS】
◎2番サトノルパン
▲8番フィエロ、11番サトノアラジン、14番アルビアーノ
注12番サンライズメジャー

 非常に難しいレース。どの馬も状態を推し量りにくい。そもそも癖のあるコースで、展開一つではとんでもない紛れ方をする。
 こういうレースは、近走の実績よりも過去に重賞勝ちの実績があり、かつ、調子を上げてきている感がある馬が狙い。
 たとえば、サトノルパン。前走絞れたことでスカッと見せ、好走するときの雰囲気が戻っていた。まだ少し腹回りに余裕がみられたが、前走使ってさらに引き締まってくることだろう。この時期が一番走る。

 あとは上位人気馬たち。

 穴はサンライズメジャー。いつも軽視されるが、G2クラスならこの馬が一番安定している。

奥野憲一


そうだったのか_表紙
そうだったのか! 今までの見方が180度変わる知られざる競馬の仕組み
著者 橋浜保子
出版社 ガイドワークス

_V371070157_

奥野の百般予想 ~日本ダービー 三つ巴から卍巴…いや…~

【東京10R 日本ダービー】

※日本ダービー(東京優駿)は東京10Rです。

 今年の皐月賞はかなり歪な競馬だったようにおもう。天候、馬場、ペース、そして上位入線馬の降着…。
 優秀なノーザンファーム生産馬が能力どおり強い競馬をしてきて、予定通り人気になって勝ち切るとおもっていたら、勝ったのは日高の馬。ハイレベルハイレベルといわれるが…。そういえばゴールドシップ(日高)が皐月賞を勝った年も、ノーザンファーム、社台ファームの良血馬たちがこれに負け、3強ムードとなったダービーで巻き返しを期待されるもパカパカファームのディープブリランテが勝ち、青葉賞から滑り込んできたフェノーメノが2着。3着も路線外。
 なんだかんだ、3強とか4強とか、そういう状況が生まれているときというのは、そうならない事が多く、いろんな意味での「金」にファンが踊らされているだけなのかもしれない。2億円とか金子さんとか(笑)

 さて、皐月賞は3強だったが、ダービーでは1強増えて4強に。 
 前日20時30分段階での人気は以下の通り。

 1番ディーマジェスティ 3.1倍
 3番マカヒキ      4.2倍
 8番サトノダイヤモンド 4.4倍
 12番リオンディーズ   6.3倍

 まずこの4頭の不安材料をあげる。

 ディーマジェスティは外厩を使われていない点。前走は相当疲労しているはずで、それを厩舎内できっちりケアできたのか? 2週前の立ち写真をみても、腹回りに脂肪がついている。皐月賞後、1週休ませてから毎週時計は出されているが、びっしり追ったのは正味今週だけ。だが…。

 マカヒキは、弥生賞から小さい骨瘤が発症し、皐月賞ではそれが少し大きくなっていた。500㎏を越す巨体であがり32秒台を出す馬。脚元への負荷がかなり大きいのだろう。順調に来れているとはいい難い。

 リオンディーズはやはり気性。弥生賞、皐月賞と、体は成長しても、精神面が成長しておらず、この中間はその改善に努めている。しかし、さすがは角居厩舎。そうしながらも体をしっかりと作りこんでいる。厩舎は違うが、3年前のダービー馬ディープブリランテも、気性に難があり、皐月からダービーの中間、騎乗停止中の岩田騎手とともに一致団結してダービーを制したという一つの物語があった。ディープブリランテの場合はハミを変える工夫をしていた。口に入るハミ身のジョイント部分が尖って舌にあたり、それを嫌がっているのではないかという想像から、ダブルジョイントに変えてみた…とか。リオンディーズにおいては、この中間の追い切りで舌を縛ってきた。レースでも使ってくるようだ。舌を縛っていなかった皐月賞時の追い切りでも、行きたがるところは見られなかったので、それだけで”大丈夫”とは言いきれない。

 4強のうち不安材料がより少ないのがサトノダイヤモンド。スタートがうまく、折り合いの不安は少しだけ。それだけに好位から競馬ができる。不安材料を挙げるとすれば、長距離色が強すぎることぐらい。良く言うと綺麗にまとまり過ぎている。悪く言うと、一昔前の名馬っぽくて今風ではない。最近のダービーは多少マイラーっぽい要素が必要。しかし同馬にはそういう要素がほとんどない。ゴールドシップやキタサンブラックがその好例かもしれない。

 この4頭から少し離されて4番人気に支持されているのがスマートオーディン。

 10番スマートオーディン 10.7倍

 ダービー2勝の名トレーナー松田国英師。皐月賞を蹴ってダービー一本に絞り込み、不安材料を拭いつつここまで成長させてきた。父ダノンシャンティも同じマツクニ厩舎で作られた馬ということもあるが、その父にそっくり。
 今年に入り多めのプール調教を課し、スタミナと柔軟な筋肉を身につけた。一度形を崩したものの、それは改良の途上ではよくあることで、ようやくその成果が身に付き、競馬で発揮できるようになった。
 先日他界した祖母フジキセキはクラシック戦線にも乗れず引退、父ダノンシャンティはダービーの2日前に骨折が判明し出走が叶わなかった。先祖の無念を晴らすにはここを勝つしかない!そのための人事は尽くされたはず。

 さて、ディーマジェスティの続き。
 出走メンバー中、最もディープに近いディープ産駒。エンジンのふけ上がりも相当いい。さらに凄いとおもわされるのは、馬自身が競馬に向かうにあたり自分で体を作っているところだ。恐らくこの馬は先天的に頭が良いのだろう。共同通信杯のときは、「これまだちょっと太い」と軽視し、皐月賞では、「NHKマイルなら勝ち負けするんじゃない」ってことで軽視。どちらも勝ってしまった。恐らくこの中間の”イメージのズレ”もそうなのだろう。いい意味で、我々競馬ファンの期待を裏切ってくれる。今回も油断させておいて(1番人気だが)、皐月賞で見せた圧倒的なスタミナと脚力で圧勝してしまう可能性は十分あり得る。「この馬で悲願の凱旋門賞を…」あるかもしれない。

 リオンディーズがだめでも…、の角居厩舎からヴァンキッシュランがギリギリここに間に合った。こちらもガサがあるディープ産駒。気が良く好位で折り合え、追い出すとスッと加速して後続を突き放す走りが前走の競馬。内容は非常に良かった。鞍上の内田騎手は、昨年のフローラS以来、久々に芝の重賞を勝利。ここ数年は「ダートの内田」になっていたが、最近は芝でも勝てるようになってきた。人馬ともに勢いはある。


◎1番ディーマジェスティ
○10番スマートオーディン
▲14番ヴァンキッシュラン
注8番サトノダイヤモンド
☆12番リオンディーズ
△3番マカヒキ

 以上。

馬券はこういうイメージで。
最終決断は直前情報を見てから…。

ダービー馬券イメージ


(奥野憲一)

-----------------------------------
本日は日本ダービー!!
あの馬の脚元大丈夫!?
あの馬は馬具変更あるの!?

レース直前☆競馬ナマTV!
でチェックしましょう!!



【 レース直前☆競馬ナマTV! 】
パドック直前情報 & 競馬分析データを動画と音声でお届けします!

keibanamatv_title

レース直前☆競馬ナマTV! Abema FRESH!はこちらをクリック!
レース直前☆競馬ナマTV! ニコニコ生放送はこちらをクリック!

5月29日(日)の生放送は、
Abema FRESH! ⇒ 9:50スタート!
ニコニコ生放送  ⇒ 9:50スタート!


☆出演者☆

★MC 安井涼太
(ラップキャラ(単行本)、ストライド競馬新聞)
 http://blog.livedoor.jp/keiba_tenkai/

★パドック担当 赤木一騎・平間貴之
(JRDB総帥、JRDBパドック担当)
 http://www.jrdb.com/

★データ担当 奥野憲一
(『一番人気取捨の極意(競馬王新書)』、競馬ビッグデータ)
 http://www.kbigd.com/

★オッズ分析担当 システム班KとM
(ブログ HIGEオッズ)http://odds.jrdb.com
ストライド競馬新聞 メンバーサイト
ストライド競馬新聞サイトバナー

日々進化していく「ストライド競馬新聞」を一度お試し下さい!

会員登録は、メンバーサイトの右「初めてご登録される方」からお進みください。 →ストライド競馬新聞のメンバーサイトへ進む
卍の投資競馬術


外れ馬券裁判の卍が、独自指数の公開や、競馬で恒常的に黒字を出すためのコツなどを書かれています。

→卍の投資競馬術
超穴馬の激走を見抜く! 追走力必勝法
オッズキングダム  オッズで勝つ! 極上馬券GETまでのセオリー

全重賞&全コース別1番人気鉄板全書

1億5000万円稼いだ馬券裁判男が明かす 競馬の勝ち方
図解で学ぶ 1番人気 鉄板の条件・消しの条件
1億5000万円稼いだ馬券裁判男の予想法を解明する本
競馬ソフト 馬券モンスター
馬券モンスター
馬券モンスターとは、JRDBデータを駆使して馬券的中を導き、効率よく資金を増やすことを目的に開発された競馬ソフトです。

ただいま4週間無料でご利用いただけます!

詳細はこちら
↓↓↓↓↓↓
馬券モンスター(サイト)
QRコード
QRコード
JRDB発 回収率向上支援ソフト 馬券モンスター
最新コメント